なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

ダイレクトドライブエクストルーダの製作(2)

Posted by arms22 on 2015年04月21日 0  0

さて前回の続きです。ドライブギアとベアリングの隙き間を調節し、エクストルーダーをスクエアフレームに取り付ける為の形状を追加して再プリントしました。

IMGP0822

先日、Z軸をメタル化した際に交換したステンレスのパーツにネジ穴が1つ空いていたのでその穴を利用してエクストルーダーを取り付けました。フィラメントの入口を左側に、出口を右側にしたことでフィラメントの交換がしやすくなりました。またホットエンドへと続くPTFEチューブも無理のない配置にすることができました。

IMGP0830

新旧2つのエクストルーダーが搭載されています。デュアルヘッドにする予定はありませんが、ホットエンドを1つ追加すればすぐにデュアルヘッドにできそうです。

IMGP0843
Adalinda: The Singing Serpent, ABS黒, 230度, 25-50mm/s
12時間ちょっとの耐久テストの結果です。ドラゴンの翼や口の先がダレてしまっていますが一応プリントはできているようです。

ninjaFlexテスト
CutoOcto, NinjaFlex白, 230度, 14mm/s
NinjaFlexでのプリントも行ってみました。フィラメントの送りはスムーズだけどあまり綺麗にプリントできていませんね。。常温で柔らかいフィラメントを正確に送り出すことが難しいようでABSやPLAと同じような設定ではうまくプリントすることができないようです。スライスの設定をもう少し詰めてみます。


関連記事


ダイレクト・ドライブ・エクストルーダーの製作
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-577.html


NinjyaFlex 色:黒 Φ1.75mm 0.5kg Reprap 対応
FinnerDrives
売り上げランキング: 249,866


NinjyaFlex 色:白 Φ1.75mm 0.5kg Reprap 対応
FinnerDrives
売り上げランキング: 186,443



ダイレクト・ドライブ・エクストルーダーの製作

Posted by arms22 on 2015年04月15日 2  0

手持ちの弾性フィラメント「NinjaFlex」を消化すべく新しいエクストルーダーの製作を始めました。

現在atomに使用しているエクストルーダーはHuxleyのギアードタイプでフィラメントを送り出すドライブギアからボーデンチューブの入り口までに広い空間がある為、NinjaFlexやPolyFlexなどの弾性フィラメントをうまく押し出すことができません。

今回、上記フィラメント送りの問題解決を主題とした最近主流のダイレクト・ドライブ型のエクストルーダーを設計しました。

IMGP0809

ちょっと無骨な感じですが、、ベアリングの軸はΦ5のストレートリーマで代用しています。平行ピンまたはダウエルピンに交換する予定。

IMGP0812

ドライブギアはMK8を採用。ベアリングは625VVというV溝付きのベアリングを使います。AfiniaやZortraxなど評判の良い3Dプリンタのエクストルーダはギアとベアリングというシンプルな構成なので、これにならってベアリングをフィラメントに押し付けるスプリングは廃止しました。その結果、エクストルーダーは非常にシンプルになりました。

IMGP0814

OD3mmのPTFEチューブをドライブギアの歯ギリギリまで近づけ、PISCOのチューブフィッティング内部まで通します(OD4mmのPTFEチューブに突き当てる)。これによりフィラメントをスムーズに送り出すことに成功しました。

MK8とベアリングの距離

MK8とベアリングの間隔は12.64mmとしました。実際、ABSの収縮の影響でもう少し狭くなっていそうです。フィラメントを手を押し込んで感触だと少々堅いかなという印象ですが、実際に動作させて問題なく押し出せることを確認しています。モーターの温度が50〜60度ほどあったので、隙き間はもう少し広げても良いかもしれません。


関連URL


Re: ぷろ㌧の進捗状況 | Genie's Blog
http://etherpod.org/blog/?p=7962

DD Extruder collection - Thingiverse
http://www.thingiverse.com/arms22/collections/dd-extruder

スーパー3端子レギュレータR-78E3.3-0.5の分解

Posted by arms22 on 2015年04月05日 0  0

Smoothie互換ボードに使用していたスーパー3端子レギュレータ、負荷状況によって電圧が高め(3.4V〜4.2V)にでてしまうようになってしまったので、交換することにしました。交換のついでに分解。。

スーパー3端子レギュレータR-78E3.3
小さな基板にDCコンバータIC、コイル、コンデンサなどがぎっちり詰まっています。ICの型番は不明。

スーパー3端子レギュレータR-78E3.3
裏側(?)に面実装のコイル33uH。


スーパー3端子レギュレータ 3.3V500mA R-78
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-06352/

目次:3Dプリンタ

Posted by arms22 on 2015年03月26日

3Dプリンタ関連の記事をまとめました。随時更新していきます。

atomの製作




Rostock miniの製作


3DプリントTips


プリントしてみた


ローコスト3Dプリンター(凍結)


その他

atomメタル化

Posted by arms22 on 2015年03月25日 2  0

性懲りもなくまた3Dプリンター「atom」の改造ネタです。3Dプリンタで作ったプラスチックパーツ(以下、PRパーツ)は金属パーツに比べて圧倒的に剛性が足りません。プリント時の速度を上げるとPRパーツが撓んだりします。また3Dプリンタを長く使っていると徐々に変形したりして、プリント精度に影響を与えてしまいます。そこで板金加工した金属パーツに交換して一気に剛性と精度を高めてしまおうと考えています。
いきなりすべてのPRパーツを金属化しようとすると挫折しそうなので、まずは金属化し易そうなZ軸周りから始めようと思います。

板金Zモータフランジ

fusion 360を使って板金加工前提のZモータフランジを設計してみました。fusion 360では板金加工に必要な展開図は作れませんが、最近は3Dモデルを受け付けてくれる板金屋さんもあるみたい。後は加工を何処にお願いするかなんだけど、色々迷っていたところ、同じatomユーザーの@bankinyaさんで加工していただけることになりました。

IMGP0670

ほいで1週間ぐらいで届いたのがこれ。ステンレスで板厚1.5mm。うーむ、完璧。すばらすぃ出来映え。@bankinyaさん、ありがとうございます。
Zエンドは2種類、ベアリグを取り付けるタイプとベアリングなしタイプを作ってもらいました。

IMGP0672

Zモータフランジの位置決め用にと用意したタブ、スクエアフレームに突き当てて使おうと思っていたのだけれど、タブ内側の膨らみが大きくて突き当てれないことが分かりました。仕方がないので膨らみをヤスリで削り落します。@bankinyaさんの勧めでニコルソンのマジカットと言うヤスリを使いました。これは非常に良いです。。

IMGP0679

早速、組み付けてみました。ステンレスの光沢が眩しい!

IMGP0680

Zエンド側、ステンレスの板厚が1.5mmしかないのでリニアシャフトを保持する為のPRパーツを下側に取り付けています。605ZZベアリングは丸穴に圧入しています。

PRパーツと金属パーツ、異なる材料・加工方法で作ったパーツ同士を組み合わせる際、特に気をつけないといけないのは穴と穴の間隔です。特にPRパーツは熱収縮によってマイナス寸法になるので、簡単に穴の位置がずれてしまいます。収縮率に合わせてPRパーツの寸法を拡大してプリントする必要があります。今回はABSを使ったのでXY方向に0.4%拡大してプリントしました。

IMGP0681

Zモータ側。こちらもZエンド側と同様にリニアシャフトを保持する為のPRパーツを組み合わせています。