なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

ハンドニブラーとポケットベンダー

Posted by arms22 on 2015年06月23日 0  0

IMGP0926

板金加工に便利な工具2つを手に入れました。ENGINNERのハンドニブラーTZ-20(写真左)とポケットベンダーTV-40(写真右)です。ハンドニブラーは頂き物(@xxxscalexxxさん、ありがとうございます!)でポケットベンダーはAmazonで購入しました。

IMGP0934

ハンドニブラーは幅5mmほどの小さな歯で金属などの薄板をカットする為の工具。アルミ板1.5mm、ステンレス板0.6mm、鉄板1mmまでカットすることができます。

IMGP0937

プリントしておいた図面を1mmのアルミ板に貼付けて線に沿ってカットしました。1度に切れる長さは2mmほどなのでハンドルを握る操作が繰り返し必要になります。1mm程度のアルミ板ならハンドル操作は軽く、数百回程度までなら苦にはなりません。

IMGP0938

ポケットベンダーは金属などの薄板を曲げる為の工具。本体とブレードの間に素材を挟んでえいっとするだけで約90度に曲げることができます。アルミ板1.5mm、鉄板・真鍮板1mm、アルミ丸棒3Φ、銅・真鍮棒2Φまで曲げることができます。

IMGP0941

ハンドニブラーとポケットベンダーを組み合わせるとこのような部品も簡単に作ることができます(穴あけはボール盤で)。

関連URL



ニブリングツール TZ-20 - エンジニア
http://www.engineer.jp/products/cut/ct03/item_01/tz-20

ポケットベンダー TV-40 - エンジニア
http://www.engineer.jp/products/cut/ct08/item_01/tv-40


エンジニア ニブリングツール TZ-20
エンジニア
売り上げランキング: 2,115


エンジニア 金属曲げ工具(ポケットベンダー)TV-40
エンジニア
売り上げランキング: 6,542



子供テーブルの製作(3)

Posted by arms22 on 2015年06月15日 0  0

組み立てがおわってボンドも固まったので最後の仕上げに入ります。

子供テーブルの製作

飛び出していたダボはノコギリで切り落とし、目の粗い紙ヤスリから順番に磨きます。#60で角Rやエッジを綺麗にした後、#100、#240の順で全体を磨きます。

子供テーブルの製作

最後に乾いた布で削りカスを綺麗に拭き取って完成。子供イスを横に並べてみました。バッチリです。図らずも子供の誕生日の前日に完成しました。気に入ってもらえるだろうか。。

子供テーブルの製作(2)
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-584.html

子供テーブルの製作
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-583.html

子供テーブルの製作(2)

Posted by arms22 on 2015年06月08日 0  0

さて前回の続きです。材料のカットと穴あけが終わったので組み立てを行いました。

子供テーブル

幕板と足を木工用ボンドで接着します。幕板のダボ穴あけは失敗したと思っていたのですが、意外と綺麗に組み立てることができました。足のほうのダボ穴を深めに掘って、幕板に刺さる長さを短くしたのが功を奏したようです。

子供テーブル

クランプで天板を仮固定し足にダボ穴をあけます。あからじめ天板にダボ穴を空けておいて、その穴をガイドに足に穴をあけます。

子供テーブル

幕板と足にボンドをタップリ塗って天板と接着します。ボンドが固まるまでクランプで固定します(クランプが足りなかったのでボール盤をのせておきました)。ボンドが固まったらダボの頭をカットしてヤスリで磨きます。

子供テーブルの製作
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-583.html


芯ブレの少ないボール盤がほすぃ。。↓はどうなんやろか。。

SK11 卓上ボール盤 300W SDP-300V
SK11(エスケー11)
売り上げランキング: 6,414


子供テーブルの製作

Posted by arms22 on 2015年06月01日 0  0

さて前回、子供イスを作ったので今回そのイスに合わせた子供テーブルを作ります。

子供用机設計

余った材料をもとにfusion 360で設計します。子供イスを横にならべて雰囲気を確認します。

子供用テーブルの製作

いつものように設計値どおりに材料切り出します。50cmの1x6材が余っていたのでそのまま天板に使います。

子供用テーブルの製作

2x4材をテーブルの足にするには少々ごついので材を斜めにカットして少しだけスマートに見えるようにします。切れ端をガイドにして板を斜めにカットしました。

子供用テーブルの製作

4本カットするのに2時間ほどかかりました。。板を縦にカットするのは結構骨が折れます。。そろそろ電動ノコギリが欲しくなってきました。カットした面が斜めになっていたのでノミで修正しました。ノミの切れ味が悪くなってきたのでそろそろ研がないといけません。どうやって研いだらいいのだろう。。

子供用テーブルの製作

1x6材を3枚、ダボで接合して天板にします。

子供用テーブルの製作

幕板の両端に穴をあける治具を作りました。しかし、まっすぐに穴をあけることはできませんでした。早く長い材料に真っすぐ穴をあける手段を確率しないと、ずっとネジに頼った組み立てなってしまう。


子供イスの製作
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-580.html


Category : DIY

バーベイタムABSフィラメントレビュー

Posted by arms22 on 2015年05月24日 2  0

以前から気になっていたバーベイタムのフィラメントを購入したので試してみることにしました。バーベイタムのフィラメントは日本国内で徹底した品質管理のもと製造されており、高品位な印刷特性を保持しているとのこと。こんな話を聞いて試さずにはいられません。

IMGP0923

フィラメントはIODATAの直販サイト「ioPLAZA」で購入しました。55006 ABSのシルバーです。初回登録時¥1000オフのクーポンがつくそうで¥4300で購入しました。購入直後、納期が5/30と言われてがっくりしていたのですが暫くすると入荷が早まったとのことで5/18にフィラメントが発送されました。

IMGP0925

外径をノギスで測定してみました。最初の2mぐらいを1cmおきぐらいに測定すると1.74〜1.75の範囲に収まっていました。またノギスを90度回転して測定すると1.72〜1.74と真円度もまずますの様子。比較用に手持ちのフィラメントをいくつか測定してみましたがどれも±0.1の間でバラツクようでバーベイタムフィラメントの品質の高さが伺えます。

IMGP0900

まずは最適なプリント温度を知る為にプリント温度を240度→235度→230度→225度→220度と変化させてプリントします。モデルは40x40mmのキューブで積層0.2mm、infill 0%、ループ2回、クーリングオフ。

IMGP0903

上記プリントした物の拡大図。特にこの温度が良いというところもないのでいつもどおり230度で行くことにします。積層された壁の品質は他のフィラメントと比べてあまり変わらないなぁという印象。ちょっとましかな?という程度。フィラメントの精度より機械の精度のほうが品質に与える影響が大きいのかもしれません。まだまだ機械を改良する余地があるということでしょうか。。

IMGP0920

次にオーバーハングのテスト。傾斜角度を60度→55度→50度→45度→40度→35度→30度と変化させてプリントします。比較のためにAdHoc ABS黒、バーベイタム ABSシルバー、Makerbot ABSナチュラルと並べています。プリント温度は230度、ノズルサイズ0.3mm、積層0.2mm、infill 10%、ループ3回、クーリング100%。

IMGP0921

形状が崩れずにプリントできたのは45度まで、Makerbot ABSナチュラルと似たような特性のようです。

IMGP0919

最後にみんながだいすきなおπ定番の評価モデルをプリントしました。


バーベイタムブランドの3Dプリンター用国産フィラメント新登場!
http://www.iodata.jp/news/2015/newprod/3d_filament.htm

ABSフィラメント | 3Dプリンター用フィラメント | IODATA アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/product/verbatim/3dfilament/abs/