なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

スタバカップラジオ(2)

Posted by arms22 on 2010年04月11日 2  0

スタバカップラジオ
スタバカップラジオ完成です。一見、普通のスタバカップアンプですが裏を見ると。。

スタバカップラジオのスイッチ
このようにプッシュスイッチがついています。コンパクトでカッコいいスイッチが見つからなかったので、これで我慢。もっと良いのがあれば取り替えたい。

スタバカップラジオの中身
中身はカオスってます。ラジオモジュールにアンプ回路、電池ボックスがぎゅーぎゅーに入っています。


使い方はこんな感じで。メインの電源を入れて、赤いボタンを押すと動き出す。水色のボタンは番組サーチ、黄色のボタンはボリューム。ボリュームボタンを押すと時々、音が止まる原因不明の不具合が発生中しているが、まぁ、気にしないでおこう。


スタバカップラジオ
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-321.html

スタバカップラジオ

Posted by arms22 on 2010年04月04日 2  0

IMGP5235.jpg
aitendoで販売されているFMラジオモジュール[KIT-FM-RDA7088]を買ってみました。500円玉サイズの基板にFMチューナーIC「RDA7088」と部品がすべて実装されています。単三電池×2本で動作し基板上のボタンで番組自動サーチとボリュームコントロールが行えます。

IMGP5236.jpg
このモジュールはステレオフォンジャックを接続して使うことを前提としているので、外部スピーカを接続する場合はアンプ回路を通してスピーカを接続する必要があります。僕の中ですっかり定番になったHOLTEK社のHT82V739を使ったアンプ回路を接続して動かしてみました。
ラジオはステレオ出力ですが抵抗でMIXさせてモノラル出力にしています。鉄筋コンクリートのマンションの部屋でもクリアな音でちゃんと受信できました。
あとはこいつをスタバのカップに押し込めばスタバカップラジオのできあがり!

IMGP5238.jpg
基板上のボタンは一旦はずしてワイヤで延長させました。カップのふた部分取り付けるつもりでしたが、うまく行きそうにないので、パネル取り付けタイプに交換するつもりです。



該当の記事は見つかりませんでした。