なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

梅.py 自習室その7

Posted by arms22 on 2011年04月24日 0  0

IMGP0858

久しぶりに梅.pyに参加。前回のその6が去年の12月だったので4か月ぶりでしょうか。今回から(?)「Python自習室」のPythonがとれてタダの自習室になりました(ぉ

本日の主なトピックス

  • WiMAXはUSB接続すると超速い
  • バナナが発する放射線と比べたときの線量を表す単位を「バナナ等価線量」という
  • @nobonoboさんのdotcloud+py2jsネタ
  • NumPy使うとn次元の配列演算が超高速などなど

僕は前日の深夜に組み立てたガイガーミューラーカウンタキットを動かしてみた。上の写真のiPhoneアプリはGeiger botというアプリで、ガイガーミューラーカウンタが放射線を検出した時に鳴るガリって音をカウントして表示してくれる。この日1時間程度動かしたところ20CPMぐらいで落ち着いていた。やっぱり放射線源がないと楽しみが半分だ。大阪の熊取に原子炉がある※1みたい。行ってみたい、かも。


※1…京都大学の原子炉実験所のようです


梅.py 自習室(mini Hack-a-thon)その7
http://atnd.org/events/14801


梅.py Python自習室 その6

Posted by arms22 on 2010年12月13日 3  0

梅.pyこと「Python自習室」そのわりにPython率低めの、生粋のPythonな人たちに白い目で見られる会の6回目に参加してきました。今回、カメラをおうちに忘れてきてしまったので、音声のみでお届けします(ごめんなさい)。

この日のトピックは、

Python-on-a-chipはプリコンパイルされたバイトコードをターゲットマイコンで動作させるみたい。レジスタアクセスなどハードウェアをいじるネイティブ部分はランタイムにCで記述して、それをPythonからコールする仕組みのようだ。NetduinoなんかのC#環境と似てるね。ネイティブ周りのコードが整備された環境だと便利だねー。これはPython自習室っぽいネタだね~

Kinectはピクセルデータとは別に深度データも送ってくる様子。Kinect自体はただのカメラで受け側でちゃんとデータを処理しないといけない。Kinectの開発元が公式のデバイスドライバを公開するとかなんとかで、結構期待できそう。

僕の方はと言うとスタバカップアンプのはんだづけと、LEDマトリクスを使ったタッチ検出の実験、と相変わらずPythonはやってまてん。LEDが光センサーに使えるという話はずいぶん前に聞いていて、DotsduinoのLEDマトリクスを使ってできそうと思ったので挑戦してみました。まだドット単位でタッチを検出することはできてないけど、それなりにタッチを検出できていそう。詳しい話はEDN Japanで紹介されているので、そちらを参照してみてください。

LEDを光センサーとして使い、照明強度を計測
http://ednjapan.cancom-j.com/content/issue/2007/02/idea/idea01.html

これは1つのLEDを使った場合のお話。LEDマトリクスの場合、LEDが数十個もあるので1つ1つ検出していると結構時間がかかってしまう。


梅.py Python自習室 (mini Hack-a-thon)「ぱはPythonのぱ」 その6
http://tweetvite.com/event/umepy201012

梅.py "Python自習室" その5

Posted by arms22 on 2010年11月01日 5  0


梅.pyこと「Python自習室」の名の下に"好き勝手しすぎてPythonのPの字もない"会の5回目に参加してきました。今回、@mitszoのたっての希望により、8x8ドットマトリクスLEDを使ったキットを用意して、簡単なワークショップを行ってきました。梅.py参加者の8割の方がワークショップに参加してくれました。

 梅.py Python自習室 その5  梅.py Python自習室 その5
ごちゃごちゃと、はんだづけ手順書。

 梅.py Python自習室 その5  梅.py Python自習室 その5
完成してご満悦の@mitszoと、キットの裏側。部品数は少なかったんだけど、組み立てに結構時間がかかっていた。実配線図がわかりずらかったのと、ワイヤリング作業が意外とむずかしかったようだ。

 梅.py Python自習室 その5  梅.py Python自習室 その5
僕は基板化したキットを組み立ててました。はんだづけガールのココロの声「あーはんだづけめんどくせー」(想像です)。

毎度、場所と時間を提供してくれる@mitszoとアクセンスの中の人たちに感謝です。テンクステンクス。

梅.py Python自習室 (mini Hack-a-thon)「はんだごてもあるよ!」 その5

梅.py "Python自習室" その3

Posted by arms22 on 2010年06月26日 9  0

梅.pyこと"Python自習室"に参加してきました。これで2回目の参加。なんかレギュラーメンバになりそうな予感。まったくPythonさわってないけどね。

Arduinoで商用電源の周波数を計測する

5cmのワイヤ1本でACコンセントの電源周波数を計測できることを知ったので実験。過去にこの周波数を使って計時する時計があったらしい。何かのネタとして使えるかもしれないので実験してみた次第。

iPad使ってみた

iPadを使ってみた。画面がおおきくてWEBページがみやすい、漫画も本も読める、タッチバッドキーボードもちゃんと使える。これなら普段使いように1つほしくなります。。うー、やばい。買っちゃいそうー。

ジャンパーばしばし

Cdsを使って明るさ検出。なんだかArduinoが人気のようです。あんな人やこんな人までArduino。猫もしゃくしもArduino。みたいニャ。


梅.py "Python自習室" (mini Hack-a-thon) その3
http://tweetvite.com/event/umepy20100626

AC 50HzのクロックでLEDピカピカ その2
http://blog.goo.ne.jp/jj1wkn/e/3ff8256c898d268ebe05a344f246b819

商用電源周波数 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/商用電源周波数



本日のテキスト。Arduinoのリファレンスとしてどうぞ。

Arduinoをはじめよう
Arduinoをはじめよう
posted with amazlet at 10.06.26
Massimo Banzi
オライリージャパン
売り上げランキング: 2343


↑だと物足りない人は「Prototyping Lab」がオススメ。

Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
小林 茂
オライリージャパン
売り上げランキング: 1414



梅.py "Python自習室" その2

Posted by arms22 on 2010年05月08日 0  0

IMGP5990.jpg

本日、梅.pyこと"Python自習室"に参加してきました。

IMGP5991.jpg

別にPythonじゃなくてもいいとのことなので、openFrameworksについて自習。開発環境を準備したり、ヘローワールドしたり、Arduinoを制御してみたり。openFrameworksはC++だからProcessingより使いやすい。XCodeのデバッガも使えるから開発しやすい!

IMGP5999.jpg

ひたすらコードを書いて実行を繰り返す。

IMGP6000.jpg

写経中の@mitszoさん。寝てるのかな?

梅.py "Python自習室" (mini Hack-a-thon) #2
http://tweetvite.com/event/umepy20100508



本日使用したテキスト。openFrameworksの環境構築からプログラミングの基礎、応用までまとまった情報がこれ一冊で手に入ります。

Beyond Interaction ―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門
田所 淳 比嘉 了 久保田 晃弘
ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 4705




該当の記事は見つかりませんでした。