なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

Arduinoで遊ぼう - AVRライタを使わないBootloaderの書き込み(2)

Posted by arms22 on 2009年12月28日 0  0

以前、AVRライタを使わないBootloaderの書き込み方法としてArduinoそのものをAVRライタに変えてしまうBoot-Clonerというスケッチを紹介した。

Boot-Clonerはあれから一度も更新されていない。ATmega168以外のAVRマイコンにもBootloaderを書き込む必要が出てきたので、他の方法を試すことにした。

今回、Arduino Duemilanoveに搭載されているUSB-SerialブリッジICであるFT232RLを使ってBootloaderを書き込む方法を紹介する。


接続



arduino_icsp.png
Arduino X3ピンとICSPピン


ft232r_icsp.png
秋月FT232RモジュールとATmega168の接続(via 外付けAVRライタ無しでBootloaderを書き込む


D2XX Direct Driversのインストール


http://www.ftdichip.com/Drivers/D2XX/MacOSX/UniBin/Universal%20D2XX0.1.6.dmg

sudo mkdir /usr/local/lib
sudo mkdir /usr/local/include

sudo cp D2XX/bin/libftd2xx.0.1.6.dylib /usr/local/lib/libftd2xx.0.1.6.dylib
sudo ln -sf /usr/local/lib/libftd2xx.0.1.6.dylib /usr/local/lib/libftd2xx.dylib

sudo cp D2XX/Samples/ftd2xx.h /usr/local/include/ftd2xx.h
sudo cp D2XX/Samples/WinTypes.h /usr/local/include/WinTypes.h


※OSX用のD2XXの最新版は 0.1.7 だが、OSX10.6ではセグメントフォルトでavrdudeが強制終了してしまう。またOSX10.4.11ではavrdudeのconfigureに失敗する。その為、OSX10.4.11+D2XX 0.1.6で動作を確認した。


avrdudeとserjtag04eのインストール


avrdude5.8に対応したserjtagの最新版がリリースされていたので、最新版を利用。
mkdir avrdude-serjtag04e
cd avrdude-serjtag04e

curl -O http://nmj.sumomo.ne.jp/suz-avr/serjtag/avrdude-serjtag04e.zip
curl -O http://ftp.twaren.net/Unix/NonGNU/avrdude/avrdude-5.8.tar.gz

tar xvzf avrdude-5.8.tar.gz
unzip avrdude-serjtag04e.zip

cd avrdude-5.8
patch -p1 < ../avrdude-serjtag04e/src/avrdude-5.8-serjtag.patch
patch -p1 < ../avrdude-serjtag04e/src/avrdude-5.8-ft245r.patch
patch -p1 < ../avrdude-serjtag04e/src/avrdude-5.8-conf.patch

./configure CFLAGS="-g -O2 -DSUPPORT_FT245R" LIBS="-lftd2xx"
make
sudo make install



FTDIシリアルドライバのアンロード

sudo kextunload /System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext



ブートローダの書き込み

avrdude -c diecimila -P ft0 -p m168 -B 4800 -U efuse:w:0×00:m -U hfuse:w:0xdd:m -U lfuse:w:0xff:m
avrdude -c diecimila -P ft0 -p m168 -U flash:w:"ATmegaBOOT_168_diecimila.hex":i
avrdude -c diecimila -P ft0 -p m168 -U lock:w:0x0f:m



FTDIシリアルドライバのロード

sudo kextload   /System/Library/Extensions/FTDIUSBSerialDriver.kext






BitBang Mode AVR-Writer on Mac
http://www15.atwiki.jp/arduino/pages/23.html

外付けAVRライタ無しでBootloaderを書き込む
http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/bootloader/index.html#top

FTDI BitBang AVR-Writer
http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/avr-writer/index.html

FT245R/FT232R で avrdude (2)
http://suz-avr.sblo.jp/category/780472-1.html

FT245R/FT232R で avrdude
http://suz-avr.sblo.jp/article/30760403.html

Arduinoで遊ぼう - AVRライタを使わないBootloaderの書き込み
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-219.html


スポンサーサイト



picburn-0.1.32 リリースしました。

Posted by arms22 on 2008年06月15日 0  0

picburn-0.1.32 リリースしました。
主な変更点は次の通りです。

  • デバイス自動検出機能追加
  • PIC16F631のプログラムサイズとデータサイズ修正(TADさん、thx!)
  • PIC16HV785のデバイスID修正(TADさん、thx!)
  • PIC16F916/PIC16F917のラッチサイズ変更(4から8)
  • デバイス定義追加
    12F519
    16F505 16F506 16F54 16F59 16F526
    16F737 16F747 16F767 16F777
    16F722 16F723 16F724 16F726 16F727 16LF722 16LF723 16LF724 16LF726 16LF727
    16F946
これで一通りフラッシュデバイスに対応したかな?デバイスの数が多くなってきたので、デバイスの自動検出機能を追加しました。自動検出に対応しているのはデバイスIDをもつPICのみです。ベースラインのPICはデバイスIDを持たない為、自動検出できません。必ず-cオプションでデバイスを指定してください。

現在の課題
PIC16F716の書き込みに失敗します。原因は調査中。。ソフトは問題なさそう。。20word毎に実際に書き込んだ値と違う値になっている。殆どの場合0x0000。

対応デバイス一覧
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-157.html

Windows用バイナリ
http://xfind.hp.infoseek.co.jp/electric/picburn/picburn-0.1.32-i386-mingw.zip

ソースコード
http://xfind.hp.infoseek.co.jp/electric/picburn/picburn-0.1.32.tar.gz

picburn - autoconf/automakeに対応しました。

Posted by arms22 on 2008年06月07日 0  0

picburn-0.1.28リリースしました。このバージョンからautoconf/automakeに対応しました。MacOSX,Cygwin,MinGW+MSYS環境でコンパイル、動作確認しました。また今回からソースコードとは別にWindows用バイナリの配布もはじめました。

Windows用バイナリ
http://xfind.hp.infoseek.co.jp/electric/picburn/picburn-0.1.28-i386-mingw.zip

ソースコード
http://xfind.hp.infoseek.co.jp/electric/picburn/picburn-0.1.28.tar.gz

picburnはFTDIのFT232R,FT245R,FT2232に対応したUSB接続型のPICライタ(PICプログラマ,PIC Writer,PIC Programmer)です。秋月のFT232Rモジュールがあれば数個のトランジスタと抵抗で作ることができます(別途12Vの電源は必要ですが、、)。

Windows用バイナリをダウンロードした方はzipを解凍して適当なディレクトリにコピーして使用してください。picburn.devはpicburn.exeと同じディレクトリに配置してください。
MacOSX/Linux用バイナリは次のビルド手順にしたがってソースコードからコンパイルしてください。

※picburnのビルドにはD2XXドライバ付属のヘッダファイルとライブラリが必要です。D2XXドライバのインストールと同時にヘッダファイルとライブラリをソースと同じディレクトリもしくはパスの通った場所にコピーしてください。
Windows : ftd2xx.h ftd2xx.lib
MacOSX/Linux : ftd2xx.h WinTypes.h

D2XX Direct Drivers
http://www.ftdichip.com/Drivers/D2XX.htm

Installation Guides
http://www.ftdichip.com/Documents/InstallGuides.htm

MacOSX/Linux

./configure
make
make install
Cygwin
./configure --with-ftd2xx=/path/to/d2xx
make
make install
MinGW+MSYS
./configure --with-ftd2xx=/path/to/d2xx
make
make install
Cygwin,MinGW+MSYS環境では--with-ftd2xxオプションでヘッダファイル(ftd2xx.h)とライブラリ(ftd2xx.lib)があるディレクトリを指定してください。

該当の記事は見つかりませんでした。