なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

大人の科学マガジン vol.27 「ジャパニーノ」(その4)P.O.Vライブラリ

Posted by arms22 on 2010年06月06日 4  0

Japanino付録のP.O.V用にスクロールとスイング、フレームタイムの自動更新、非同期動作に対応したライブラリを作ったよ。P.O.Vまわりのコードをライブラリにすることでスケッチがすっきりするよ。このライブラリを使えば自分が書きたいスケッチに専念できるよ。そこそこ汎用的に作ってあるので、JapaninoのP.O.V以外でも使えると思うよ。うまく改良すれば16ドット幅のP.O.Vや回転するP.O.Vなんかにも対応できるはず。

ライブラリのインストール



次のURLからライブラリをダウンロードして、Arduinoのライブラリフォルダ(OSXの場合 ~/Documents/Arduino/libraries、Windowsの場合¥My Documents¥Arduino¥libraries)にコピーしてください。

JapaninoPOV-001
http://code.google.com/p/arms22/downloads/detail?name=JapaninoPOV-001.zip


サンプルスケッチ


#include <JapaninoPOV.h>

#define LEDPIN 7     // どのピンからLEDをつなぐか
#define SWPIN  6     // スイッチをつなぐピン
#define WIDTH  20    // 表示する幅

JapaninoPOV pov(LEDPIN,SWPIN);
//JapaninoPOV pov(LEDPIN);

// ビットマップ(画像)を定義
byte bitmap[] = {
  0b00000000,
  0b01000001,
  0b01111111,
  0b01000001,
  0b00000000,
  0b00000000,
  0b00001110,
  0b00011111,
  0b00111111,
  0b01111110,
  0b00111111,
  0b00011111,
  0b00001110,
  0b00000000,
  0b00000000,
  0b00111111,
  0b01000000,
  0b01000000,
  0b00111111,
  0b00000000,
};

void setup()
{
  pov.setWidth(WIDTH);
  pov.setFrameBuffer(bitmap,sizeof(bitmap));
  //pov.setFrameTime(60);
  //pov.setFrameTimeAutoDetect(true);
  //pov.setScrolling(true);
  pov.begin();
}

void loop()
{
  //表示を更新する
  pov.update();
}


スウィングさせて使う場合、コンストラクタのSyncPin引数を省略するか、setSyncPin関数をコールします。
JapaninoPOV pov(LEDPIN);

フレームタイムを設定したい場合、setFrameTime関数をコールします。引数はミリ秒です。
pov.setFrameTime(60);

フレームタイムを自動更新したい場合、setFrameTimeAutoDetect関数をコールします。SyncPinのLowからLowまでの時間を2で割った値を自動的に設定します。
pov.setFrameTimeAutoDetect(true);

スクロールさせたい場合、setScrolling関数をコールします。
pov.setScrolling(true);



大人の科学マガジン Vol.27(8ビットマイコン) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
売り上げランキング: 460



Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
小林 茂
オライリージャパン
売り上げランキング: 3043



大人の科学マガジン vol.27 「ジャパニーノ」(その3)P.O.Vの文字を綺麗に表示する。

Posted by arms22 on 2010年05月28日 0  1

Japanino特設サイトのP.O.Vのスケッチを改良して、P.O.Vのハンドルを速く回しても、遅く回しても文字が綺麗に表示されるようにしてみた。

※最初の15秒は改良前。


オリジナルのスケッチだとLEDの点灯時間が一定だから、LEDバーの動きが速い時はLEDの光が長く見え、遅い時はLEDの光が短く見える。そうすると文字が延びたり縮んだりして見えるわけだ。

そこでLEDバーの動きが速い時はLEDの点灯時間を短く、遅い時はLEDの点灯時間が長くなるようにして、見た目のLEDの光の長さを同じにすれば文字が綺麗に見えるようになる。

幸いP.O.Vの増速歯車の部分にはスイッチが付いていて、LEDバーが左側に来たらスイッチが押されるような仕組みになっている。このスイッチが押される間隔を計ればLEDバーの往復にかかった時間を求めることができる。往復時間を半分に割ると片道分の時間が得られる、さらにこれをP.O.Vで表示させたい幅分のドット数+余白ドットで割れば、1ドットあたりの点灯時間を求めることができる。



大人の科学マガジン Vol.27(8ビットマイコン) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
売り上げランキング: 179



大人の科学マガジン vol.27 「ジャパニーノ」(その2)使い方のまとめ。

Posted by arms22 on 2010年05月18日 2  0

大人の科学付録「ジャパニーノ」の使い方を簡単にまとめてみる。基本的には大人の科学の手順通りすすめればOK。


1.IDEのインストール



Japanino特設サイトからIDEをダウンロードしてアプリケーションフォルダにコピーする。Arduino 0018をベースにメニューやメッセージなどが日本語に翻訳されているので、大人の科学を買ってない人もダウンロードして使うと良いと思う。

IDE日本語版
http://arduino-i18n.googlecode.com/files/arduino-0018-japanino-2.dmg


2.ドライバーソフトのインストール


本家ArduinoはFTDIのUSBシリアルICを使っているけど、JapaninoはSilicon LabsのICを使っているので、別途ドライバーソフトをインストールする必要がある。IDEにSilicon Labsのドライバが入っているので、別途ダウンロードする必要はないと思うけど、最新版は次のURLから見つかるはず。

ドライバーソフト(Mac_OSX_VCP_Driver.zipをクリック)
http://www.silabs.com/support/pages/support.aspx?ProductFamily=USB%20to%20UART


3.セットアップ


Japaninoを接続(新しいネットワークが~と表示されたらキャンセルする)して、IDEを立ち上げる。ツール→シリアルポート→/dev/cu.SLAB_USBtoUARTを選択、ツール→マイコンボード→Gakken Japaninoを選択する。


4.スケッチのアップロード


取り敢えず特設サイトの「P.O.Vで"I ♥ U"」のスケッチを動かしてみる。ファイル→新規を選んで新しいスケッチを作成する。「P.O.Vで"I ♥ U"」のスケッチコピーして新しいスケッチに張付けて、マイコンボードに書き込むボタンを押す。

※※ここで注意※※
OSX環境では書き込むボタンを押した後、コンソールに「コンパイル後のスケッチサイズ」というメッセージが表示されたらJapaninoのリセットボタンをすかさず押すこと。そうしないとスケッチのアップロードに失敗する。何回かやればコツを掴めると思う。


特設サイトには"I ♥ U"以外にもいくつかスケッチが公開されているので、ダウンロードして動かしてみよう。一通り動かしたら少し改造して、オリジナルのメッセージを表示させたりすると楽しいよ。






大人の科学マガジン Vol.27(8ビットマイコン) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
売り上げランキング: 408



Arduinoをはじめようキット
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 1043



大人の科学マガジン vol.27 「ジャパニーノ」

Posted by arms22 on 2010年05月15日 0  0

IMGP6060.jpg

大人の科学マガジン vol.27 買っちゃいました。今回、付録としてArduino互換機「ジャパニーノ(Japanino)」と光残像キット「P.O.V」が付いてきます。付録のJapaninoが気になるところですが、Arduinoの発祥の地であるイタリアの製造工場への取材記事も面白いです。あ、あと電子工作クロニクルも。。

IMGP6064.jpg

キットの中身。ドライバ1本あれば組み立てられます。

IMGP6069.jpg

10分ぐらいで完成。Japaninoにははじめからスケッチ(プログラム)が書き込まれているのでUSBポートに繋げば、LEDがチカチカしはじめます。

IMGP6076.jpg

P.O.Vで"I ♥ U"のスケッチを書き込んでレバーをぐるぐる回すとこんな風に表示される。レバーがスムーズに動かない場合はスダレを余計に裂いて見たり、増速歯車の凸の部分をヤスリで削ったりすると良いかも。

テクノ工作セット(8ビットマイコン+光残像キット)| 大人の科学
http://otonanokagaku.net/magazine/vol27/index.html

Japanino特設サイト
http://otonanokagaku.net/japanino/



大人の科学マガジン Vol.27(8ビットマイコン) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
売り上げランキング: 408



Arduinoをはじめようキット
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 1043



ジャパニーノ・ナイト Japanino night

Posted by arms22 on 2010年04月26日 0  0

大人の科学マガジン Vol.27(8ビットマイコン) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
売り上げランキング: 408


大人の科学が27号ふろくの8bitマイコン"Japanino"(Arduino互換機)の発売を記念してイベントをやるみたい!船田戦闘機さん、半田付けガールの天野あいさんが出演。僕は関西の人なので参加できませんが、天野あいさんの生半田付け(やるかどうかは知らないよ!)を見たい人は是非。

カルカル恒例の学研・大人の科学presentsトーク&ライブが開催決定!テルミンmini、ポールセンの針金録音機、 4ビットマイコン(GMC-4)、35ミリ二眼レフカメラ、アンプ+スピーカー内蔵ミニエレキの発売記念イベントをこれまで開催。今回は、27号ふろく8bitマイコン"Japanino"の発売を記念し豪華出演者を迎えてトークライブ、実演、演奏をお楽しみ頂きます!
(via ジャパニーノ・ナイト Japanino night)


該当の記事は見つかりませんでした。