なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

スタバカップアンプベンティ(3)

Posted by arms22 on 2010年05月26日 2  0

スタバカップアンプベンティ

MTM05でも展示していたスタバカップアンプベンティの情報です。「ベンティ(ステレオタイプ)のキットはないんですか~?」って何人の方に聞かれたので、回路図を公開します。といっても以前、グランデで作った時と同じ回路なんだけどね。もし作ってみたいって人がいたら参考にしてみてください。

スタバカップアンプベンティ回路図

アンプはカーステレオ用のパワーアンプ「TDA1552Q」を使っています。スピーカーユニットは共立電子で購入した8Ω5Wのユニットです。スピーカーユニットは通販で買えるよ。

詳しい作り方はMake:テキストvol.7vol.10でも紹介される予定です。


スタバカップアンプベンティ(2)
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-308.html

スタバカップアンプベンティ
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-307.html


スタバカップアンプベンティ

Posted by arms22 on 2010年02月23日 1  0

もういい加減にしろって声が聞こえて来そうだけど、またまたまた作ってます。スタバカップアンプ。もうこれで何個目?それは作った本人にも分からない。でも、空きカップがある限り作り続けます!たぶん。。
IMGP4595.jpg
ラチェット機構付きのコンパスカッターは作業が楽だ~。

IMGP4610.jpg
共立エレショップで買ったスピーカー(8Ω5W)はグランデ、ベンティにぴったり~。作っていて気がついたけど、ベンティの口の大きさはグランデと同じみたい。ベンティの大きさはグランデを縦にびろーんと伸ばした感じ。
最初、スタバカップアンプにするにはどんくさすぎると思ったけど、だんだん慣れて来て、これはこれで味があるなぁと思えて来た。

IMGP4627.jpg
中のアンプはグランデサイズを作った時と同じフィリップスのTDA1552QパワーアンプICを使用。丸くカットした超薄型ユニバーサル基板にICを実装。


パワーアンプスピーカー in スタバカップ(3)

Posted by arms22 on 2008年12月06日 2  0

本家Make: Blog、Make: Japan: Blogでスタバアンプが紹介されました~!

Make: Blog: Coffee cup speaker set
http://blog.makezine.com/archive/2008/11/coffee_cup_speaker_set.html

Make: Japan: パワーアンプスピーカー in スタバカップ
http://jp.makezine.com/blog/2008/12/coffee_cup_speaker_set.html

作り方がわからない的なコメントがあったので、追加で写真をアップしました。作ってみたいという方は参考にしてみてください。

P1480313.jpg P1480314.jpg
普段、使わないときは蓋をします。蓋をあけるとスピーカーユニットが見えます。

P1480339.jpg P1480334.jpg
スピーカーユニットははめ込み式です。このように簡単に取り外せます。中をのぞくとアンプに貼付けたヒートシンクが見えます。
P1480320.jpg P1480321.jpg
スピーカーユニットは厚紙で作ったドーナッツ状の紙で上下から挟んでいます。ドーナッツ状の紙はカップの口に丁度あう大きさに作っています。カップの内側には強度をあげる為に厚紙を貼付けています。

P1480325.jpg P1480330.jpg
スピーカユニットはこのようにユニットをもって、カップを被せるようにして取り付けます。コンパスカッターを使って綺麗にカットすれば、カチッとはめ込めて仕上がりも美しい。

P1480315.jpg P1480316.jpg
前面にボリュームと3.5ステレオジャックを配置した。iPodとか使うことを考えて前面に配置したけどPC用のスピーカなら後ろかも。。
後面にDCジャック、電源スイッチ、電源LED、片ch出力用モノジャックを配置した。電源LEDは前面でもいいけど、その場合、明るさを抑えて青色LEDにしたほうがカッコよさそう。

パワーアンプスピーカー in スタバカップ(2)
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-192.html

パワーアンプスピーカー in スタバカップ
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-190.html

ギターアンプ in スタバカップ
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-179.html

パワーアンプスピーカー in スタバカップ(2)

Posted by arms22 on 2008年10月30日 3  0

スタバアンプとMac
前回の続き。TDA1552Qを使ったパワーアンプ基板とスピーカ・ユニットをグランデサイズのスターバックスカップに押し込んで何とか形にしました。Appleのシネマディスプレイの横においてもまったく違和感がありません。

スタバアンプのアップ
前面にステレオジャックとボリュームを配置しました。スピーカ・ユニットは厚紙で作ったドーナツ状の紙2枚(グランデの口にぴったりはまる)を上下から挟んで固定しました。コンパスカッターを使うと綺麗な円にカットできます。

スタバアンプの裏
裏面にDCジャック、電源スイッチ、パイロットランプ(赤LED)、片ch出力用のモノラルプラグを配置しました。

電源は秋月のスイッチングACアダプタ15V1.2A出力を使用しました。心配したノイズはなくレギュレータを使った場合と、使わなかった場合とで差はありませんでした。無音時のサーという音にも差は見られませんでした。その為レギュレータは省略し、ACアダプタの出力をそのままICの電源として使いました。

完成させて音を聴いてみた感想は、、構造上仕方がないことですが、音が上向きに出力されるので机に置いて聞くと少し曇ったように聞こえます。床に置いておけば、バッチリクリアな音が楽しめます。若干、低音が弱いのはスピーカ・ユニットの特性かな?信号入力のコンデンサを0.22uFから1uFに返れば低音が強調されるようです。今度、試してみます。

現在エージング中ですが、TDA1552Qが思った以上に発熱しています。もともとGPUに付いていた放熱器(40mm*40mmぐらい)を再利用しているのですが、もう少し大きなものに交換した方が良さそうです。

回路図
TDA1552Q回路図
ほぼデータシートどおり。電源のコンデンサは1000uFx2にしています。

部品リスト

IC1TDA1552Q840
C10.22uF積層ポリフィル31
C20.22uF積層ポリフィル31
C31000uF電解コン120
C41000uF電解コン120
C50.1uF積セラ21
C60.1uF積セラ21
D1一般整流用10
R1100Kカーボン10
C747uF電解コン21
LED1RED5Φ50
R210K10
VR110KA2連Aカーブ126
其の他ツマミ80
ステレオジャック3.5Φ73
DCジャック2.1Φ73
DCアダプタ15V1.2A840
シールドケーブル2m切り売り250
スピーカR8Ω8W 400
スピーカL8Ω8W 400
モノラルジャック3.5Φ73
モノラルプラグ3.5Φ85
トグルスイッチ70
ゴムブッシュ10
ユニバーサル基板在庫
ヒートシンク在庫
スタバカップ在庫
合計3767


パワーアンプスピーカー in スタバカップ
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-190.html

ギターアンプ in スタバカップ
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-179.html

パワーアンプスピーカー in スタバカップ

Posted by arms22 on 2008年10月14日 0  0

スタバアンプ基板TDA1552Q搭載
スタバカップアンプ第2弾。今度は22W×2chパワーアンプIC「TDA1552Q」を使用。TDA1552Qは少しの外付け部品で動くので製作がらくちんです。電源のデカップリングに音響用のハイグレード・キャパシターを使ってみました。銀色がカッコいい。
TDA1552Qのピンピッチは1.7mmですが、斜めにさせば2.54mmピッチのユニバーサル基板に実装することができます。無理をすれば横にさすこともできます(上の写真)。

スタバアンプ基板とスピーカ
デジットで買った8Ω7Wのスピーカ、1個¥400。22W出力のアンプにはちょっと小さすぎたかも。。けどトールサイズのカップには少し大きくて、金属の部分を削らないと入らない。スピーカをあまり加工したくないので、グランデサイズのカップに入れる予定。

該当の記事は見つかりませんでした。