なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

Arduinoで遊ぼう - 周波数カウンタ

Posted by arms22 on 2009年06月23日 9  0

テルミンの製作でハートレー発振回路の発振周波数を調節する必要がでてきた。何とかArduinoで測定出来ないかと、Arduinoで周波数カウンタを作れないか調べてみた。すると次のページで「Freq Counter」という高精度、高解像度の周波数カウンタライブラリが公開されていた。

Arduino Frequency Counter Library

入力はデジタル端子の5番に固定されていて、この端子はT1の16ビットハードウェアカウンタにマッピングされている。入力信号はデジタルレベルである必要があり、微弱信号はトランジスタか、74HC14インバータを使って増幅させる必要がある。
入力できる周波数は最大8MHz(デュティー50%時)。

使い方
1.上記のページからFreq Counterライブラリをダウンロード
2.ライブラリを解凍し、arduino-0016/hardware/librariesにコピー
3.新しいスケッチを開いて、Sketch->Import Library->FreqCounterを選択

プリアンプ回路図
preamp.png

※トランジスタは2SC1815でOK。


サンプルスケッチ

#include <FreqCounter.h>

void setup() {
  Serial.begin(9600); // connect to the serial port
  Serial.println("Frequency Counter");
}

long int frq;
void loop() {
  FreqCounter::f_comp = 8;             // Set compensation to 12
  FreqCounter::start(100);            // Start counting with gatetime of 100ms
  while (FreqCounter::f_ready == 0); // wait until counter ready
  frq = FreqCounter::f_freq;            // read result
  Serial.println(frq); // print result
  delay(80);
}



Making Things Talk -Arduinoで作る「会話」するモノたち
Tom Igoe
オライリージャパン
売り上げランキング: 15890
価格: ¥ 3,990



スポンサーサイト

テルミン製作(3) - ブレッドボードとアンテナ

Posted by arms22 on 2009年06月20日 0  0

Breadboard - Coffee Cup Theremin
実験用にテルミンの回路をブレッドボードに組んでみました。IFTコイル(L1,L2)の底についているコンデンサは外す必要があるようです。竹串で割ったあとペンチで引っ張るとワイヤと一緒に取り外せます。あとブレッドボードに挿すときはコイルを斜めにして足3本だけ挿します。発振回路が対称になっているので組み立ては楽でした。ちょっとコイルは近すぎたかも。

Antenna - Coffee Cup Theremin
テルミンのアンテナ兼入れ物です。例によってこのテルミンもスタバのカップにいれてしまいます!カップの内側にアルミホイールを貼付けて、アンテナ変わりに使います。うまくいくかな?

コイルやコンデンサの調節はまだですが、このまま音を鳴らしてみました。電池を接続して変に電流が流れていないことを確認(この状態で約9mA回路に流れていました)。テルミンの出力をアンプスピーカーに接続すると高い音が聞こえてきました。音はずっと出続けていますが、これはあとで調節できます。アンテナに手を近づけると音はさらに高い音になり、カップを持つと音が消えました。

取り敢えず成功です。それなり回路は動いていそうです。

2009/6/24
スタバのカップはショートサイズを使ったのですが、感度が少し悪かったのでトールサイズで作り直しました。


テルミン製作(2) - 部品リスト
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-242.html

テルミン製作(1) - 回路図
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-241.html



大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
売り上げランキング: 7727








テルミン製作(2) - 部品リスト

Posted by arms22 on 2009年06月18日 4  0

テルミンの製作に必要な部品のリストです。オリジナルの回路ではFETに2SK168E、可変容量ダイオードに1SV230、ショットキーバリアダイオードに1SS98を使っていましたが、それぞれ次の部品で代替しています。

  • 2SK168(E)→2SK192GR
  • 1SV230→1SV101
  • 1SS98→1SS106(たぶん1SS86でも大丈夫)
あとオーディオアンプLM386と定電圧レギュレータを省略しています。ぜんぶ共立電子さんで揃えることができます。

部品名記号仕様個数単価金額
トランジスタQ2,4,5,72SC1815Y42184
FETQ1,3,92SK192A-GR350150
Q6,82SK30A22652
ショットキーダイオードD3,41SS102252104
可変容量ダイオードD1,21SV101257114
抵抗R1,7,9,15,22100KΩ5525
R2,10,20,251MΩ4520
R3,11,26100Ω3515
R4,5,12,13,17,2110KΩ6530
R6,14,231KΩ3515
R8,184.7KΩ2510
R1633KΩ155
R19560Ω155
セラミックコンデンサC1,3,8,10,21,22,25100PF71070
C220PF11010
C947PF11010
C15,270.01μF41040
C160.001μF11010
C6,7,13,1415PF41040
C24,2610PF21020
積層セラミックC5,120.1μF22142
電解コンデンサ(16V)C4,11,2322μF31545
C1747μF15050
半固定抵抗VR210KΩ15252
VR12KΩ15252
VR450KΩ15252
コイル(AMラジオ用)L1,2455IFT(黒)2126252
L3,4OSC用(赤)2126252
モノラルミニジャック17373
電池ホルダー(単4×3本)16868
1767

前回、「可変容量ダイオード1SV101は1SV230の3倍くらい静電容量があるから使えない、かも」と書いたけど、発信回路のコイルに対するコンデンサの比を合わせこめば大丈夫そうなので、可変容量ダイオードは1SV101を使います。後でC1とC8の容量を100pFから減らす、かも。




テルミン製作(1) - 回路図
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-241.html

JR6BIJ - ハンダゴテ遊び No.2
http://jr6bij.hiyoko3.com/handa/handa02.php



KORG DS-10 performance guide book
村上 俊一
翔泳社
売り上げランキング: 3278




サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイド
小谷野謙一 エクスパ
ソシム
売り上げランキング: 759




テルミン製作(1) - 回路図

Posted by arms22 on 2009年06月17日 0  0

いろいろ思うところあって、テルミンの製作をはじめました。インターネットを検索するとたくさんの製作例が見つかります。今回製作するテルミンはJR6BIJさんテルミン1号機です。日本語の解説がしっかりしてい音量の調節ができる完全なテルミンの作り方が公開されています。
実はこんなに大量の部品を使う製作ははじめて。しかもバリバリのアナログ回路です。ちゃんと動くものができるかどうか不安です。。

JR6BIJ - ハンダゴテ遊び No.2
http://jr6bij.hiyoko3.com/handa/handa02.php

テルミンの仕組みについては↑や↓を参照してください。
大雑把に解説するとテルミンは2つの発振回路を持っていて、それらの2つ発振回路の出力を組み合わせ、それが発生する可聴域のうねりを音として出しています。

テルミン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/テルミン

テルミ1号機回路図改

テルミン1号機の回路図です。少し修正しています。テルミン1号機には低電圧のオーディアンプLM386が使われていますが、オーディオアンプは外付けにする予定なので省いています。また電源は単4電池3本を使う予定なのでレギュレータも省きました。
また、FETや可変容量ダイオード(バリキャップ)、ショットキーダイオードなど同じ部品が手に入りそうにないので似たような特性の部品で代替しています。

  • 2SK168(E)→2SK192GR
  • 1SV230→1SV101
  • 1SS98→1SS106(共立電子シリコンハウスさんの店頭で購入できました)

代替した部品でうまく動くかわかりませんが、少しずつ実験して完成させたいと思います。

※2009/6/17
どうやら1SV101の静電容量が1SV230の3倍くらいあるらしく、うまく動かないかもしれない。。



大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook)
大人の科学マガジン編集部
学習研究社
売り上げランキング: 14359




大人の科学 製品版 テルミンPremium

学研
売り上げランキング: 455949




ちょっといい明日、考えちゃうかも

Posted by arms22 on 2009年06月08日 0  0

Make: Tokyo Meeting 03で出展のお手伝いをしてくれた中の人がトラックバックをくれたので、今日はその記事を紹介するよ。

ちょっといい明日、考えちゃうかも - Make: Tokyo Meeting 03 [総括とメモ]
ちょっといい明日、考えちゃうかも - Make: Tokyo Meeting 03 [後半]
ちょっといい明日、考えちゃうかも - Make: Tokyo Meeting 03 [前半]
ちょっといい明日、考えちゃうかも - Make: Tokyo Meeting 03に行ってきたよ!!

ブログのタイトルが素敵です。



今後はイベントが「マンネリ化」しないかがとっても心配。そうならないようにする為にも、僕のようなROMの人たちがmakeで感じたこと・起こったことを情報発信していって、作り手の人を刺激したり、沢山の人を巻き込んでよりみんなにとって刺激的なイベントにしていくような「流れ」が大切なような気がします。

#大衆化しちゃうことで面白くなくなるっていう別の心配もあるんだけどね。


今はまだ見学だけの人たちもこれからどんどん出展側にまわってくると思う。そうなって来ると今よりもっと楽しくて刺激的なイベントになると思う。運営は大変そうだけどw 海の向こう(?)でやっているMake: Faireに出展されているようなトンでも作品が日本でも見れることを期待したい。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。