なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

豆ガードとRaspberry Piケース

Posted by arms22 on 2013年07月27日 2  0

IMGP8665

3Dプリンタの製作を始めた頃からお願いされていた「豆ガード」ようやく作ることができました。

IMGP8669

コーヒーミルに装着して使います。コーヒー豆をガリガリ挽いていると、勢い良くコーヒー豆が飛び出してくるので、豆ガードで飛び出さないようにしました。

モデルはTinkerCADで作成しました。一応、モデルデータを公開しているので、作ってみたい方(いるのか?)はこちらからダウンロードしてください。

https://tinkercad.com/things/5YpBqmIofuO-coffee-beans-guard


Raspberry Piケース



IMGP8672

それと、またRaspberry PiをさわりだしたのでRaspberry Pi用のケースもプリントしました。データはThingiverseで見つけたものです。

Raspberry PI Case (RS Version)
http://www.thingiverse.com/thing:30646

IMGP8675

Raspberry Piをケースに収めるとこんな感じ。わりと良い。。

IMGP8677

けど、はめ合いがもひとつな感じ。。側面に小さな穴が2カ所空いているので、そこにピンかネジを入れて止める。

スポンサーサイト

GitHubはじめました。

Posted by arms22 on 2013年07月18日 0  0

GitHub-Logo
Octocat

GitHubはじめました。これまでArduinoのライブラリやスケッチはGoogle Codeを利用して管理していましたが、今後はGitHubを利用して管理することにしました。Google CodeのUIは一昔前のデザインのままでイケテナイし、Google Readerみたいにいつサービスが終了するかわからないからね。今のうちにデータを移しておこうかなと。

arms22 - GitHub
https://github.com/arms22

以下、導入時のメモ。


Gitインストール



次のページからdmgをダウンロードして、Gitのコマンドラインツールをインストールします。インストーラーと一緒に配布されているパス設定用のシェルも実行します。

Git - Downloads
http://git-scm.com/downloads

インストールが終わったらバージョンを確認します。
$ git version
git version 1.8.3.2
メールアドレスとニックネームを設定します。
$ git config --global user.name "Your Name Here"
$ git config --global user.email "your_email@example.com"
Gitコマンドの使い方は次のページで解説されています。

Git - Book(日本語)
http://git-scm.com/book/ja/

Mac用のGUIクライアントもあります。ただOS X 10.7 Lion以上でないと動かないみたい。

GitHub for Mac
http://mac.github.com/


GitHubのアカウント取得


GitHubに移動してアカウントを取得します。
http://github.com/


SSHキーの登録


新しい公開鍵を作成してGitHubに登録します。pbcopyコマンドで公開鍵をクリップボードにコピーしています。
$ cd ~/.ssh
$ ls
$ ssh-keygen -t rsa -C "your_email@example.com"
$ pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub
GitHubの設定ページに移動し公開鍵を登録します。クリップボードの内容をテキストボックスに貼付けて、適当な名前を付けます。
https://github.com/settings/ssh


リモートリポジトリの作成

 
GitHubのページでリポジトリを作成します。リポジトリの名前(ユニークな名前)と概要を記載して作成します。有料アカウントなら非公開リポジトリも作れます。
https://github.com/new


ローカルリポジトリの作成


GitHubで管理したいプロジェクトのディレクトリに移動します。
cd WattMeter
ディレクトリ直下にREADMEファイルをおくのが習わしです。
touch README.md
ローカルリポジトリを初期化し、ディレクトリ直下のすべてのファイルを追加します。そして最初のコミットを行います。この時点ではまだリモートリポジトリにファイルは追加されていません。
$ git init
$ git add .
$ git commit -m "first commit"
リモートリポジトリのURLをローカルリポジトリに追加し、リモートリポジトリに変更内容をプッシュします。
$ git remote add origin git@github.com:arms22/WattMeter.git
$ git push -u origin master
GitHubのリポジトリのページに移動すると先ほどプッシュした内容が反映されているのがわかると思います。

https://github.com/arms22/WattMeter

すでにGitで管理しているプロジェクトがある場合は、リモートリポジトリの追加とプッシュのみ行えばよいでしょう。
git remote add origin git@github.com:arms22/WattMeter.git
git push -u origin master



参考URL


そもそもGitHubとは一体何か?
http://jp.techcrunch.com/2012/07/15/20120714what-exactly-is-github-anyway/

はじめてのgithub
http://blog.katsuma.tv/2009/02/first_github.html

MacでGithubにレポジトリを作ってアップロードするまでをまとめる
http://d.hatena.ne.jp/goryugo/20081026/1225007428

ナウなヤングのためのgithub入門講座 -基本機能からdotfiles管理まで-
http://d.hatena.ne.jp/shim0mura/20111212/1323660740


入門git
入門git
posted with amazlet at 13.07.18
Travis Swicegood
オーム社
売り上げランキング: 44,280



3Dプリンターatom、RC版にアップグレード

Posted by arms22 on 2013年07月16日 1  0

IMGP8579

3Dプリンターatomをβ版からRC版にアップグレードしました。RC版のプラパーツを右と左で色分けして、キカイダーっぽくしてみました。所々、違う色が混じっていますが。。

IMGP8574

X軸とY軸のベルトとアルミプーリーを2mmピッチのものに変更しました。機械的な分解能は以前の2.5mmピッチの時と変わらないけど、極小のバックラッシをうたうベルトのおかげで、プリント時の動作音がかなり小さくなりました。寸法精度も向上してるんじゃないかなぁ。

IMGP8577

プリントベッドにはレジャー用のアルミシートを折り畳んでカプトンテープで止めて、断熱材として使用しています。

IMGP8581

シャフトとベッドの隙き間が狭くなったので、スイッチはシャフトにタイラップで固定しました。

IMGP8576

Y軸のベルトテンショナーが新しくなりました。テンションの調整がちょっと楽になりました。

IMGP8583

基板周りのワイヤを整理したい。。


Arduinoで遊ぼう - OAuthを使って安全につぶやくライブラリ「Stewitter」

Posted by arms22 on 2013年07月07日 52  1

2013年7月7日 StewitterライブラリがStewgate Uに対応しました。StewGate SG-1は7月末でサービス終了します。Stewitterライブラリをお使いの方はライブラリを更新し、トークンを新しく取得し直してください。

2012年1月15日 StewitterライブラリがArduino 1.0に対応しました。それに合わせてサンプルスケッチを書きなおしました。

イントロダクション



ArduinoからTwitterにつぶやくライブラリ「Stewitter」を作りました。OAuth認証をArduinoで実装するのは大変なので、OAuth認証を肩代りしてくれるプロキシ「StewGate U」を使ってTwitterへメッセージをポストします。

stewgate-u-log.png

StewGate U: Throw your stuff into the stewittering pot.
http://stewgate-u.appspot.com/

StewGateはアクセンス・テクノロジーのギークが作ってくれたサービスです。

株式会社アクセンス・テクノロジー - StewGate
http://omake.accense.com/wiki/StewGate


トークンを取得する


StewGateを使ってつぶやくときはユーザ名とパスワードの替わりにトークンを使います。トークンは次の手順で取得します。
  1. StewGateのページからTwitterにログインします。
  2. "連携アプリを認証"ボタンを押します。
  3. StewGateのページに戻ったらダッシュボードに移動します。
  4. ダッシュボードに移動するとトークンが表示されます。

トークンをクリックすると簡単な使い方が表示されます。
http://stewgate-u.appspot.com/api/post/

POSTデータ:
_t = 76856766df853e490ee3db911610f10e

msg = "あなたの送信したいメッセージ"
* UTF-8、URLエンコード済みにしてください。
* メッセージに "%(name)s" を含めると、トークンの名前に置換されます。


応答:
OK (ポスト成功)
エラーメッセージ (ポスト失敗)
"_t="の後のアルファベットと数字の部分がトークンなのでメモしておきましょう。
76856766df853e490ee3db911610f10e



Stewitterライブラリのインストール


次のURLからStewitterライブラリをダウンロードしてください。Arduino IDEを起動しメニューからスケッチ→ライブラリを使用→Add Library…を選択してください。

arms22/Stewitter
https://github.com/arms22/Stewitter
https://dl.dropboxusercontent.com/u/14188987/arduino/libraries/Stewitter.zip

またArduino 1.0.4以前をお使いの場合はZIPファイルを解凍し、Arduinoのライブラリフォルダ(~/Documents/Arduino/libraries)に直接コピーしてください。ライブラリフォルダがない場合は作成してください。

このライブラリはNeoCatさんのTwitterライブラリをベースに作成しました。

ArduinoからTwitterにPOSTするライブラリ
http://d.hatena.ne.jp/NeoCat/20090505/1241466723


サンプルスケッチ1:メッセージを送信


#include <SPI.h>
#include <Ethernet.h>
#include <Stewitter.h>

// MACアドレス
byte mac[] = {
  0xDE, 0xAD, 0xBE, 0xEF, 0xFE, 0xED };

// "YourToken"をあなたのトークンで書き換えてください。
Stewitter twitter("YourToken");

// メッセージ(日本語もOK)
char msg[] = "こんにちは世界!私はアルデュイーノ!";

void setup()
{
  delay(1000);

  Ethernet.begin(mac);

  Serial.begin(9600);
  Serial.println("connecting ...");
  
  // twitterに接続して、メッセージを送信
  if (twitter.post(msg)) {
    // 完了を待つ
    int status = twitter.wait();
    // status が 200なら正常に完了
    if (status == 200) {
      // レスポンスを表示
      Serial.println(twitter.response());
    } 
    else {
      Serial.print("failed : code ");
      Serial.println(status);
    }
  } 
  else {
    Serial.println("connection failed.");
  }
}

void loop()
{
}


サンプルスケッチ2:最後のメンションを取得する


#include <SPI.h>
#include <Ethernet.h>
#include <Stewitter.h>

// MACアドレス
byte mac[] = {
  0xDE, 0xAD, 0xBE, 0xEF, 0xFE, 0xED };

// "YourToken"をあなたのトークンで書き換えてください。
Stewitter twitter("YourToken");

void setup()
{
  delay(1000);

  Ethernet.begin(mac);

  Serial.begin(9600);
  Serial.println("connecting ...");

  // twitterに接続して、 最後のメンション(@yourname の入ったメッセージ)を取得
  if (twitter.lastMention()) {
    // 完了を待つ
    int status = twitter.wait();
    // status が 200なら正常に完了
    if (status == 200) {
      // 最後のメンションを表示
      // ex) 20100111082341|874453678|whosaysni|@yourname whats up?
      Serial.println(twitter.response());
    } 
    else {
      Serial.print("failed : code ");
      Serial.println(status);
    }
  } 
  else {
    Serial.println("connection failed.");
  }
}

void loop()
{
}



Arduinoをはじめようキット
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 709


Arduino イーサネットシールド
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 14,505

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。