なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

作業テーブルの製作(練習)2

Posted by arms22 on 2014年10月28日 0  0

さて作業テーブル(練習)の製作の続きです。

IMGP0118

一通りほぞの加工が完了しました。ノミを使ったホゾ・ホゾ穴の加工は難しく、組み合わせた時に直角がでそうになかったので、ノコギリとソーガイドを使って直角がでるように手直ししました。

IMGP0128

仕上げ作業の前にやすりをかけます。#240。

IMGP0145

今回仕上げにはBRIWAXという英国生まれのワックスを使います。蜜蝋とカルナウバ蝋を原料とした木製家具用ワックスです。さっと塗るだけでアンティーク調のいい感じの家具になります。DIYはもちろんプロ御用達。ちょっとお高いけど。色はダークオークを選択。

IMGP0131

ウエス(布)を使ってワックスを塗りこんで、30分ほど乾燥させた後、タワシでごしごします。最後に乾いた布でぴかぴかに磨き上げます。

IMGP0149

塗装が終わったところで組み立てます。ホゾ継ぎなんだけどもネジで止めます。

IMGP0156

足を組んで、

IMGP0155

一生懸命直角出して組み上げても、曲がっているというワナ。。

IMGP0179

完成。うん、まぁまぁかな。次は本番の作業テーブルの製作です。


関連URL



作業テーブルの製作(練習)
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-560.html

BRIWAXの塗り方
http://item.rakuten.co.jp/gallup/628912/


ブライワックス・オリジナルBRIWAX(ウォルナット)400ml
BRIWAX International, Inc.
売り上げランキング: 12,233

スポンサーサイト
Category : DIY

作業テーブルの製作(練習)

Posted by arms22 on 2014年10月20日 0  0

ダイニングテーブルでの半田づけ作業にお上からNGが出始めたので、洋間に新しい作業テーブルを作ることにしました。大きい家具の製作ははじめてなので、まずは練習として3Dプリンタを置く台を作ることにします。

スクリーンショット 2014-10-20 21.24.22

取りあえずfusion 360でモデリング。天板のサイズは30x910、高さは830と少々高めで設計しています。

IMGP0091

木材はジョイフル本田で購入しました。

  • パイン集成材(19x30x900)1枚、¥1,280
    天板に。プリント中に撓まないように厚めの板を選択。
  • 米松(38x42x1950)3本、¥1,494
    ノコギリで切断して足と幕張に使います。
  • シナベニヤ(5.5x30x900)1枚、¥590
    棚板に使います。


IMGP0081

米松の切断にはソーガイドとライフソーを使いました。

IMGP0083

ソーガイドを使うと真っすぐ正確に綺麗に切れる。これは重宝しそう。

IMGP0098

今回はホゾ継ぎに挑戦。一番基本的な2方胴付き。罫書きって以外と時間がかかる。。

image

とりあえずホゾっぽい形にはなったけど、、ガタガタです。。ノミを使った加工は難しい。。


岡田金属 ソーガイド
岡田金属 ソーガイド
posted with amazlet at 14.10.20
ゼット販売
売り上げランキング: 140


ライフソー 9寸目 265mm 替刃式のこぎり 30002
ゼット販売
売り上げランキング: 50



Category : DIY

ラズパイ焼損

Posted by arms22 on 2014年10月05日 0  0

ラズパイ燃焼

Raspberry pi(以下ラズパイ)の5V電源にプラスとマイナスを逆に接続してしまった為、ラズパイが火花を散らして焼損してしまいました。。オーディオジャックとUSBコネクタの間にあるタンタルコンデンサ(黒い四角い部品)にヒビが入っているのが見えます。もともと綺麗なオレンジ色だったのですが真っ黒焦げに。

今回、焼損までいたった原因と対策

  • プラスマイナスの逆接続
    何を勘違いしたのか電源のプラスとマイナスを逆につないだ。
    対策:指差し確認ぐらいしか思いつかん。
  • 電源のフューズをバイパスしていた
    WiFi接続を安定させる為に、GPIOコネクタから直接5Vを供給していた。
    対策:フューズ実装する。
  • フューズを実装しなかった
    対策:フューズ実装する。
  • 過大な電流源
    400WクラスのATX電源から直接5Vを接続していた。
    対策:必要十分な電流に絞る

気をつけようと思います。。

Raspberry Pi Model B+ (Plus)
Raspberry Pi Model B+ (Plus)
posted with amazlet at 14.10.05
raspberrypi.org
売り上げランキング: 709



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。