なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

Xfindのキーバインドを変更する。

Posted by arms22 on 2007年11月02日 5  0

Xfindのキーバインドの変更の仕方を説明します。次の画像はXfind.appのファイル構成を示しています。Xfind.appを右クリックして「パッケージの内容を表示」を選べば表示することができます。
Xfindパッケージ

Contents/Resources/DefaultKeyBinding.dictはキーとアクションを対応づける辞書ファイルです。この辞書ファイルはすべての画面に共通のキーとアクションを定義しています。
DefaultKeyBinding.dictをText Editorで開くと次のような画面が開きます。
キーバインド

キーと対応するアクションをXMLのタグを使って記述します。
例えばカーソル上移動をpキー、カーソル下移動をnキー、上のフォルダへ移動をuキーに割り当てたい場合次の様に記述します。

<key>p</key>
<string>moveUp:</string>
<key>n</key>
<string>moveDown:</string>
<key>u</key>
<string>enclosingFolder:</string>

※コントロールキーは'^'、コマンドキーは'@'、オプションキーは'~'、シフトキーは'$'、テンキーは'#'を指定してください。
※修飾キーはコントロール、コマンド、オプション、シフト、テンキーの順で記述してください。
※シフトキーを指定する場合、アルファベットや記号、数字の場合も'$'を付加してくだい。例)シフト+aの場合、"$A"と記述。
※アクション名の後に":"をつけるのを忘れないでください。
※キーに対応づけられたアクションはレスポンダチェーンを使ってオブジェクトに送られます。

続きを読むにキーの別名とアクションの一覧をのせています。

Tab
CarriageReturn
Enter
Backspace
Up
Down
Left
Right
F1
F2
F3
F4
F5
F6
F7
F8
F9
F10
F11
F12
F13
F14
F15
Insert
Delete
Home
Begin
End
PageUp
PageDown
PrintScreen
ScrollLock
ESC

カーソル移動
moveDown:
moveUp:
moveDownAndModifySelection:
moveUpAndModifySelection:
scrollPageDown:
scrollPageUp:
scrollToBeginningOfDocument:
scrollToEndOfDocument:
selectNextKeyView:

キャンセル
cancelOperation:

右Viewの幅調整
shrinkSplitView:
enlargeSplitView:

その他のアクション
openSelectedItems:
openSelectedItemsByAlternative:
bufferInOtherWindow:
otherBufferInThisWindow:
performDragOperationCopy:
performDragOperationMove:
abortProcess:
compareItem:
editItem:
openCurrentDirectoryInTerminal:
selectItemInFinder:
popUpContextMenu:

フォルダ移動
computer:
home:
desktop:
documents:
network:
applications:
utilities:

表示切り替え
showFolderFirst:
showInvisibleFiles:
showPackageContents:
showViewOptions:
showPreferences:

ソート変更
sortAscending:
sortByName:
sortByDateModified:
sortBySize:
sortByKind:
sortByDateCreated:
sortByExtension:
sortByType:
sortByCreator:
sortByPermissions:
sortByFilePath:

カラム表示非表示
columnIcon:
columnName:
columnDateModified:
columnSize:
columnKind:
columnDateCreated:
columnExtension:
columnType:
columnCreator:
columnPermissions:
columnParentPath:

Ads by Google

-5 Comments

tockri says..."No title"
とても役立つアプリを公開してくださってありがとうございます。
キーカスタマイズに関して質問なのですが、deleteキーに割り当てられている「一つ上のディレクトリに戻る」機能をほかのキーでも行いたい場合、DefaultKeyBinding.dictファイルの記述で可能でしょうか?
dictファイルにdeleteキーの記述がなく、「一つ上のディレクトリに戻る」アクションは上のリストに載っていないようだったので質問させてください。
2011.06.23 12:18 | URL | #- [edit]
arms22 says..."Re: No title"
こんにちは。

ずいぶんソースコードをメンテしていないので、
忘れてしまっていますが、たぶん

enclosingFolder:

の気がします。。
2011.06.23 12:33 | URL | #- [edit]
tockri says..."No title"
おお!本文にenclosingFolder:って書いてあった!ありがとうございます、できました。
2011.06.23 23:33 | URL | #- [edit]
maq says..."No title"
とても便利に使わせていただいております。ありがとうございます。

任意のフォルダのショートカットへの割り当ては可能でしょうか?
2011.09.26 09:47 | URL | #- [edit]
arms22 says..."Re: No title"
確か対応していなかったはず、、
すみません。。。
2011.09.26 12:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。