なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

テスターの修理(2)

Posted by arms22 on 2008年01月27日 2  0

穴のあいた46Ω抵抗を47Ω抵抗に交換して、もう1つのテスターと抵抗値や電圧を比較して治っていることを確認した。
46Ωというへんこな抵抗は共立電子で売っていなかった。43Ωと3Ωを直列に繋げば46Ωになるけど、基板にうまく実装できなかったので47Ωにした。誤差は0Ω調整で毎回修正するようにした。
テスターの修理で結構簡単だったのね。もっと早く修理しておけばよかった。

Ads by Google

-2 Comments

トラブルシューター says..."無い抵抗値の作り方"
安価なテスターの場合には、違っていてもそれ程問題にならないと思います。抵抗レンジであれば、そのとおり0Ω調整で合いますからね。その他のレンジについては、抵抗2本の組み合わせか、私はブログに書いた様に多回転のボリュームで予め調整後取り付けています。(秋月だと80円でした)この調整の為にデジタルテスタが必要になりますが。
E24系列等で合成抵抗値を算出するフリーソフトもあります。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/edu/se294669.html
2008.02.22 11:11 | URL | #d5sd/cHo [edit]
arms22 says...""
デジタルのテスタも1つ欲しいですね。でもテスタが3つになってしまう。
合成抵抗を算出するソフトはこんど使ってみます。
2008.02.22 16:20 | URL | #j7sy4omY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。