なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

ストロー型LEDスポットライト

Posted by arms22 on 2008年04月20日 0  0

さて、今週(?)のウィークエンドプロジェクトは「ストロー型LEDスポットライト」の製作だ!仕事から帰って、夜に半田付けする人にうってつけのアイテムになるだろう。

straw_led_spot_light_cup.jpg

最初、白色LEDを点灯させる為にHT7750を使う事を考えていたが、部品点数が多く(HT7750、コイル、キャパシタ、ダイオードなど7点)、ストローの中にすべておさめるのが難しかった。
Sim's blogさんが非常にコンパクトなJoule Thiefのコイルの作り方を発見されていたので、それを使ってJoule Thiefをストローに入れることを思いついた。

ストロー型LEDスポットライトの製作に必要な部品はこれだ。
※写真上側はJoule Thiefの部品4点、下側はHT7750の部品7点。
straw_led_spot_light_parts.jpg

  • ストロー
    スターバックスかモスで只でもらえるよ。モスの首が曲がるタイプがおすすめ。
  • 白色LED
    ストローと同じ直径のLEDを用意すること。径が大き過ぎたり小さ過ぎてもダメだよ。
  • 100uHアキシャルリードマイクロインダクタ
    ストローに入るならなんでも。
  • NPNトランジスタ2SC2655
  • 抵抗1KΩ

マイクロインダクタに0.2mmのUEW線を30~40回巻く。マイクロインダクタはつるつるしている。ヤスリで削って1面を平にしておくとUEW線が巻き易くなる。トランジスタは2SC1815でも点くが、その場合、ベース抵抗を100Ωにする。ちょっと暗い。
straw_led_spot_light_brb.jpg

ビニル線で半田付けした状態(左)。ストローに入れた状態(右)。
straw_led_spot_light_wire.jpg straw_led_spot_light_in_straw.jpg

ストローの首を曲げるとON、伸ばすとOFFという機構を入れたかったが、うまい方法が見つからなかった。
それと、トランジスタが熱い。かろうじてストローは溶けていないが、燃えてしまっても困るので何らかの対策が必要だ。

革新的発明と製品情報: ストローライト
http://www.j-tokkyo.com/2008/04/10/7418.html
1.5V電池で白色LEDを点ける(3)
http://blog.goo.ne.jp/sim00/e/7434f4d51a8bcb642179eb0a3bdba48b
Weekend Projects with Bre Pettis: Make a Joule Thief
http://www.evilmadscientist.com/article.php/joulethief

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。