なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

OSXでPICプログラミング(2)

Posted by arms22 on 2008年05月06日 0  0

OSXでPICプログラミングの続きです。ブレッドボードに組み立てていたWriter509をユニバーサル基板に実装しました。
writer509_univ.jpg

左からUSB-to-Serial変換モジュール、制御用PIC12F675、NJM2360、ICソケット(写真では16F84Aがささっています)。VPP電源にNJM2360を使う事にしました。安いし、マイクロインダクタを使えばサイズもまぁまぁ抑えれます。最終回路は次のようになりました。
writer509_sch.jpg

オリジナル回路からの変更箇所は、

  • VPP電源ONOFF用トランジスタのベースにダイオードを追加
  • VPP電源にNJM2360を使用
NJM2360の過電流検出用の抵抗は省略しています。なくても大丈夫、、と思う。USB-to-Serial変換モジュールは省略しています。

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。