なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

picburn-0.1.27 リリースしました。

Posted by arms22 on 2008年05月31日 9  0

picburn-0.1.27 リリースしました。
主な変更点は次の通りです。

  • 読み込み/書き込み時間表示追加
  • デバイス定義追加
    PIC10F220 PIC10F222
    PIC12F510
    *PIC12F615 PIC12HV615 PIC16F616 PIC16HV616 PIC12F609 PIC12HV609 PIC16F610 PIC16HV610
    PIC16F631 PIC16F636 PIC16F639 PIC16F677 PIC16F687
    PIC16F685 PIC16F689 PIC16F690
    PIC16F716 PIC16F785 PIC16HV785
    PIC16F882 PIC16F883 PIC16F884 PIC16F886 PIC16F887
*印の点いたPICは動作確認済み。それ以外は未確認。

秋月の商品リストにあるものを重点的に追加しました。足りないデバイスがあれば追加してください。picburn.cfgを見れば大体書き方がわかります。
動作未確認のデバイスの動作確認報告お待ちしております。デバイスを送っていただければこちらで確認します;)

ダウンロードはこちら。
http://xfind.hp.infoseek.co.jp/electric/picburn/picburn-0.1.27.tar.gz

Ads by Google

9 Comments

ながやま says..."dsPICは?"
dsPIC30F2012への対応は難しそうですか?

AVR主体なので、あんまりPICはいじってないんですが、この際秋月ライタからの独立も考えています。基本的に私もMacがメインな人なので(こないだやっとIntel Macにしたので、ようやくマイコン開発も1台で完結するようになりました)Parallelsも立ち上げずに済む方が嬉しいんですよね。

ちなみに、普段VCPドライバも頻繁に使うので、D2XXだとkextload,unloadが面倒かなと思うんですが、VCPのFIFOモードではタイミング的/機能的にダメな部分があるんですかね?遅くなるだけだったら、面倒が無い方が良いかも...とも思うんですが...
2008.06.06 15:39 | URL | #aim7rSHw [edit]
arms22 says...""
dsPIC対応は可能です。
が、ELM Chanさんが pic24sp というdsPIC,PIC24に対応したソフトを公開されています。
こちらのソフトを改造してD2XXドライバに対応するほうが実装が楽そうです。
手があけば対応するかもしれません。
http://elm-chan.org/works/avrx/report.html

FIFOということはFT245ですか?
osx上でのパラレルポートを使ったプログラムのやりかたがわからないので、まったく考慮していませんでした。。
kextload,unloadは確かに面倒ですね。FTDIが統合ドライバを提供してれればいいのですが。
2008.06.06 15:57 | URL | #j7sy4omY [edit]
ながやま says...""
お返事ありがとうございます。すっかり思いこみでFT245のつもりで読んでました。(^^;

以前実験したところでは、VCPドライバで、FIFOモードの245RはOS X的には普通にシリアルポートに見えちゃうようでした。まさにFIFOなので、自由自在にポートをいじるような感じには出来ないかも知れないんですけどね。外部回路で適宜ポートの方向を決めてやるようにしないとダメかも知れません。(トライステートバッファを噛ましてやるとか)

AVRではchanさんのavrspを愛用してますので、pic24spも調べてみますね。

ま、kextload,unloadは面倒ならshell scriptでまとめとけばいいんですけどね~。
2008.06.06 17:33 | URL | #aim7rSHw [edit]
ながやま says...""
pic24spだと手元のAVR書込用に作った汎用SPIアダプタがそのまま使えて便利そうですね。ただ、今回の目的のdsPIC30Fは高電圧書込が必要みたいでそのままではダメっぽいです。高電圧部分が電源系だけならちょっとした書込用の基板でも用意すれば大丈夫でしょうけど、今回はトラ技の付録への書込なので、とりあえずデフォルトのシリアルモニタでの書込で対処しておくことにします。お騒がせしました。
2008.06.06 20:56 | URL | #aim7rSHw [edit]
arms22 says...""
245Rはシリアルポートとして制御できるのですね。なるほど。ポートの方向は個別に設定できない+リードのタイミングが不明、、なのでライタに使うには少しハードウェアで対応が必要と。
dsPICとPIC24も対応する方向で検討してみます。しばらくはPIC18の対応をすすめます。
2008.06.09 11:01 | URL | #j7sy4omY [edit]
TAD says...""
arms22さん、初めまして。 でんし研のTADです。
picburnのデバイス定義追加をかなり参考にしてWriter509の+a版を作ることができました。
arms22さんのすごい開発力には脱帽します。
でんし研の内容はWindows環境ばかりで申し訳ないです。
2008.06.09 23:22 | URL | #- [edit]
arms22 says...""
デバイス定義ファイルを使いまわすことができれば、ライター製作者はみんな幸せになると思います。;)
2008.06.10 09:25 | URL | #j7sy4omY [edit]
TAD says...""
picburnのデバイス定義を参考にしたとき気付いた点。
PIC16HV785のDeviceIDは1220、PIC16F631のフラッシュは1024,EEは128ではないでしょうか。
2008.06.11 00:45 | URL | #- [edit]
arms22 says...""
確認して修正しておきます。
ご指摘ありがとうございます。
2008.06.11 09:21 | URL | #j7sy4omY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。