なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

x86 Android 2.0 a.k.a Eclair on VMware

Posted by arms22 on 2010年02月02日 0  0

android-eclair-screenshot.png

Android-x86プロジェクトのソースコードリポジトリにEclair 2.1のコードがマージされていたので、またVMwareで動かしてみた。以前、Android DonutをVM上で動かした時と同じ手順で、さっくり動かせた。今回、VM上で動作しているUbuntuでAndroidのフルコンパイルに挑戦した。コンパイルに半日程度かかったけど、うまくコンパイルすることができた。残念ながらUSBイメージは配布されていないので、自分でビルドする必要がある。

0.ビルド環境の構築
次のURLを参考にビルド環境を構築する。VMで動かしているUbuntuでも手順は同じだよ。

Get source (Android Open Source Project)
http://source.android.com/download

1.Android-x86ソースコードの取得

$ mkdir android-x86
$ cd android-x86
$ repo init -u git://git.android-x86.org/android-x86/platform/manifest.git
$ repo sync

2.ビルド
$ make -j4 usb_img TARGET_PRODUCT=eeepc

3.仮想ディスクの作成
$ qemu-img convert out/target/product/eeepc/eeepc_usb.img -O vmdk installer.vmdk
$ qemu-img create -f vmdk android.vmdk 4G

4.VMwareのIDEディスクの設定
vmxファイルを開いて次の行を追加。ide0:0がprimary master、ide0:1がprimary slave。
ide0:0.present = "true"
ide0:0.fileName = "android.vmdk"

ide0:1.present = "true"
ide0:1.fileName = "installer.vmdk"

5.Androidのインストール
手順4で編集したvmxファイルでVMwareを起動し、BIOS設定でIDE primary slaveから起動する。後はAndroidのインストール手順通りにインストールする。


x86 Android Donut on VMware
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-254.html


Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。