なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

PICライタ製作

Posted by arms22 on 2006年02月16日 0  0

f141c41c.png

今日はPICライタを製作。
PIC マイクロプロセッサ プログラマの製作を参考にRCDライタと言うをPICライタを製作した。

RCDライタはパソコンのRS232C(EIA-574)に接続するだけで使えて、抵抗(R)、ダイオード(D)、コンデンサ(C)だけでできているとっても安価なライタ。

だいたい500円くらいで必要な部品はすべて揃う。
組み立てるのは結構むずかしいかもしれない。。
ここではライタ製作に1時間と書かれているけど、丸一日かかってしまった。

組み立てが完了したので書き込みのテストを行う。
IC-Progというソフトを使ってPICにプログラムを書き込む。

IC-Prog Prototype Programmer
http://www.ic-prog.com/

日本語化用パッチ
http://cgi.biwa.ne.jp/~jr3roc/pic/#icprogj

書き込むプログラムはここのLED点灯プログラム。
書き込むPICは12F629を使った。
書き込みを開始しすぐにデータ照合時に"次のアドレスで照合に失敗 0000h!"というエラーが発生してうまく書き込めず。。
組み立て失敗したかな~

gglと以下のURLで解決策を発見。
http://www2.ezbbs.net/cgi/bbs?id=feng3&dd=36&p=3

回路図のR3可変抵抗を10KΩから11KΩ~33KΩに変えるとよいとあった。
手持ちがないので、抵抗値をMAX10KΩにして再度書き込み。

今度はうまくいった。
テスト回路を組み立てて、LEDが点滅していることを確認した。

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。