なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

PICライタ製作(2)

Posted by arms22 on 2006年02月18日 0  0

今日は本番用のPIC16F84Aにうまく書き込めるかテストした。
しかし、前回と同様"データの照合に失敗"というエラーが発生する。

ノートPCだからMCLRに印可する電圧が足りないのかと思ったけど、テスターがないので確認できない。書き込みソフトのIC-Progの設定でなんとか書き込めないかと色々試す。

まず"2000/XP用のドライバを使用する"にチェックし、DirectIOを使うようにしたら書き込めるようになった。

今までWindowsAPIを使う設定にしていたんだけど、DirectIOを使うようにしたら書き込み速度が何倍も早くなった。
書き込み速度は10秒位に。WindowsAPI使用時は3分位書き込みに時間がかかっていた。

追記 2/19
RCDライタは書き込みサイズが大きくなると書き込みに失敗することがあるらしい。

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。