なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

Mad Science ― 炎と煙と轟音の科学実験54

Posted by arms22 on 2010年06月02日 5  0

Mad Science

Mad Scienceが届いたので、毎日少しずつ読んで、いや写真を眺めています。この本は54もの「炎と煙と轟音」の科学実験をわかり易い解説と、とても美しく鮮明な写真で紹介しています。これは科学的な読み物というより写真集といったほうが正解かな。

写真を見ているだけで実験を”した”気分になるけど、やっぱり自分で実験したくなる。「DIY水素」や「テルミット反応で鉄を作る」、「クッキー・ロケット」なんかがお手軽で楽しそうだ。ちなみにテルミットとクッキー・ロケットのページには赤いドクロマークと”絶対危険”と書かれている。本当に危険度マックスだ。迂闊に真似しようとしない方が良いだろう。でも実験したくなっちゃう。この本にはそんな誘惑がいっぱいです。



Mad Science ―炎と煙と轟音の科学実験54
Theodore Gray
オライリージャパン
売り上げランキング: 1688



この本が好きな人は↓こっちの本も気に入ると思う。


Core Memory ―ヴィンテージコンピュータの美
John Alderman
オライリー・ジャパン
売り上げランキング: 205553



Ads by Google

-5 Comments

kaz says..."No title"
Core Memoryの方を見てみたい。ENIACってまだ残ってるのかな?
ABC計算機はあるのかな?
僕はTK-85持ってるけど100年ぐらいしたらこいつもビンテージになるかな。
2010.06.02 23:23 | URL | #jjTL4YWY [edit]
arms22 says..."Re: No title"
100年先も生きていたら自慢できますね!
2010.06.03 21:52 | URL | #- [edit]
高橋信夫 says..."訳者からもおすすめします"
訳者です。遅くなりましたが、ご紹介いただきありがとうございます。この本は絶対おすすめです。ロングセラーになるといいなぁ、と思っています。

著者は有名数学ソフトMathematicaを作ったStephen Wolframと会社を共同設立した人で、今も本職はそちら。これは「趣味」の本なのですが、科学を愛し伝えたい気持ちは人一倍です。

どうぞ、みなさんよろしくお願いいたします。
Core Memoryが一緒に紹介されているのも嬉しいですね。
2010.06.26 13:15 | URL | #2Whs1QKo [edit]
arms22 says..."Re: 訳者からもおすすめします"
高橋さん

> ロングセラーになるといいなぁ、と思っています。
そうですね。沢山の人に読んでもらいたいですね。
Core Memoryとおなじぐらい写真が好きです。
綺麗でずっとみててもあきない感じです。
2010.06.26 22:08 | URL | #- [edit]
高橋信夫 says..."No title"
arms22さん

コメントありがとうございました。Core Memoryは同じオライリー・ジャパンで、東京のジュンク堂新宿店で著者イベントがあった時にも参加しましたので、ぼくもよく知っています。訳者の鴨沢さんには、Mad Scienceを気に入っていただき「オレに言わせりゃ『超正統派科学本』」とツイートしてくれました。
オライリーさんの「こだわりの美しい写真」が共通ですね。
2010.06.29 10:16 | URL | #2Whs1QKo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。