なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

Arduinoで遊ぼう - オープンソースのカメラコントローラ「Photoduino」

Posted by arms22 on 2010年11月29日 14  0

IMGP0193 IMGP0194

PhotoduinoはArduinoベースのオープンソースのカメラコントローラだ。コマ撮りや高速度撮影、HDR撮影、昆虫や動物など撮るのが難しい被写体の写真撮影を支援する。Photoduinoはオートフォーカス・シャッター・2基のストロボを制御し、音や光、衝撃センサやレーザバリア、赤外線バリアをトリガに写真を撮影する。回路図やスケッチ(ソフトウェア)はGPLv3ライセンスで公開されている。

photoduino - The opensource camera controller
http://code.google.com/p/photoduino/

主な機能

  • インターバルモード
    指定した時間間隔で撮影を行う。時間は秒、分、時、日が指定できる。コマ撮りに。
  • オーディオトリガ
    サウンドセンサー(コンデンサマイク)の入力をトリガに撮影を行う。高速度撮影に。
  • バリアーモード
    赤外線LEDとフォトダイオード、または赤外線レーザとフォトトランジスタを組み合わせて不可視バリアを作り、物体がバリアを通過したら撮影を行う。昆虫や動物の撮影に。
  • ショックトリガー
    圧電センサーの入力をトリガに撮影を行う。
  • フラッシュスレーブ
    フォトトランジスタの入力をトリガに撮影を行う。他のストロボに同期して撮影したり、雷の撮影など行える。



ハードウェア

Photoduino - component side IMGP0201

PhotoduinoのハードウェアはArduinoシールドとして設計されている。EAGLEの回路図やボードファイルは次のURLからダウンロードすることができる。ユニバーサル基板がメンドクサイって人はFusion PCBに基板を発注するといいよ。

http://code.google.com/p/photoduino/downloads/detail?name=photoduino.shield.hardware.v.2.0.zip&can=2&q=

必要な部品リストは次のURLに写真入りでわかり易くまとめられている。

http://code.google.com/p/photoduino/wiki/HardwareComponentList?wl=en

ほとんどの部品は日本でも同じものが、あるいは代替品が買える。Photoduinoはシャッター、ストロボの制御にBT149Dというサイリスタを使用している。国内だと秋月電子のMCR22-8というサイリスタが使えることがわかった。BT149DとMCR22-8はアノードとカソードのピンが逆になっているので注意してほしい。LCDは一般的なHD44780互換のキャラクタLCDを使えば良い。

高感度小型サイリスタ MCR22-8 600V1.5A(8個入)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03155/


カメラとの接続

conector-C6-pinout.jpg

カメラとの接続方法はメーカごとにバラバラなので次のURLを参考に接続ケーブルを作成してほしい。PentaxやCanon(の一部のカメラ)は一般的な2.5mmのステレオフォンプラグが使えるので、コネクタ部分の部品は入手し易い。それ以外のカメラの場合、コネクタの形状が特殊なので市販されているリモートケーブルを改造して、ケーブルを作成する必要があるだろう。

http://code.google.com/p/photoduino/wiki/CameraConnectors?wl=en


ソフトウェア

メニュー周りを日本語に翻訳したソフトウェアを作成しました。翻訳と言っても英語をカタカナに変換しただけですが、スペイン語や英語が苦手な方は使ってみてください。

photoduino.shield.firmware.v.0.9-jp.zip
http://code.google.com/p/arms22/downloads/detail?name=photoduino.shield.firmware.v.0.9-jp.zip


撮影する

Photoduinoのインターフェースは2つのボタンとLCDだけ。基本操作はボタンの短い押しと長い押しで行う。最初は少し戸惑うかもしれないけど、すぐになれる。

基本的な撮影手順は、
  • モード選択
    撮りたい被写体に合わせてモードを選択する。
  • コンフィグ変更
    カメラによってはフォーカスが合っていないとシャッターが切れないことがある。その場合、オートフォーカスタイムを十分大きな値にするか、カメラのオートフォーカスをオフにしておくと良い。センサ入力のリミット値の調整も行おう。
  • 撮影
    コンフィグが終ったらRunを選択し、撮影を開始する。

Photoduinoを使って撮影された写真がflickrで公開されている。面白い写真が取れたらPhotoduinoのflickrプールに投稿しよう。ぼくもミルクリングや雷を撮ってみたい。雷のシーズンはもう終っちゃったけどね。。

Flickr: Photoduino
http://www.flickr.com/groups/photoduino

Photoduino - カメラ制御用のArduinoシールド
http://jp.makezine.com/blog/2010/09/photoduino_a_camera-controlling_ard.html


Arduino Uno
Arduino Uno
posted with amazlet at 10.11.29
スイッチサイエンス
売り上げランキング: 8090



Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ
小林 茂
オライリージャパン
売り上げランキング: 3254


Ads by Google

14 Comments

tatsu says..."こんばんわ"
いっつもお世話になりっぱなしです。
この度は、基板ありがとうございました。
黒のケースに収めたのですね。
うーん、白文字もいいですね。やはりセンスが。
わたしは普通に防水防塵ケースを買いました。

本日、LCDの取り付けまで出来たので、
スケッチを流し込んでテストしてみたのですが、
LCD1行目に黒い■がでるだけで文字が出てこないです;;
どこが悪いのかもさっぱり;;
アドバイス、ご指導お願いできませんか?
2010.11.30 17:09 | URL | #.GtbTeIs [edit]
arms22 says..."Re: こんばんわ"
コントラストを調整してみてください。
めいいっぱいボリュームを右か左にまわしてみてください。

それでだめなら本家のスケッチを使ってみてください。
もしかしたらお使いのLCDが半角カナフォントを内蔵していないのかもしれません。
http://code.google.com/p/photoduino/downloads/detail?name=photoduino.shield.firmware.v.0.9.zip&can=2&q=

これでダメならハードウェアの結線が間違っているか、
互換性のないLCDを使ってことになります。
2010.11.30 19:40 | URL | #- [edit]
tatsu says..."こんばんわーーー"
ハードウェア周りを再確認しましたところ、
半田忘れが数箇所;;

つけましたら、ちゃんとオープンニング画面がでました。
いつもお騒がせですみません。

年末にかけて、ケース作り上げます。
2010.11.30 21:16 | URL | #.GtbTeIs [edit]
luna says..."恐れながら質問させてください"
こんばんは。
いつも楽しく拝見させていただいてます。
いつもROMだけだったのですが4日くらい悩んでどうしても解決しないので質問させていただきたいと思います。

こちらのHPや本家を参考にしながら作っているのですが、LCDに四角い文字が出て起動しません。
が、ある条件に置いてはきちんと起動するのです。

条件その1:LCDのVddとVssを一瞬短絡させたとき。
電源投入後、二つの端子の間に偶然ドライバーが触れたとき起動しました。
LCDのタイプはバックライトあり、なし両方のタイプで上記の条件で起動。

条件その2:9V角電池+LCDバックライトありのときだけ起動。
どういう訳かエネループ6本、ACアダプタ10V、12Vいずれも起動しません。
バックライト無しモデルでは角電池でも起動しません。
ただし、このとき条件1を行うと起動する。ただし12VのACアダプタはこれでも起動しません。
9V角電池はその後6V台に電圧低下しても起動しています。

環境は、基盤はFusionPCBにて作製。
Arduino uno。
LCDはSC1602BS*BとSC1602BBWB-XA-GB-Gの二種類で試しています。
LCDのDB0~DB3はGND接続したときとしないとき、特に違いはありませんでした。
おなじくLCDのアノード、カソード端子を接続してもしなくても特に違いはありませんでした。
また、LCDを外して電源を入れるとブザーが鳴るので起動しているっぽいです。
何か原因がわかるでしょうか…

一応実装面の写真も載せておきます。
http://www.flickr.com/photos/64221384@N08/5840395475/in/photostream/
http://www.flickr.com/photos/64221384@N08/5840395607/in/photostream/

いきなり質問で大変ご無礼かとは思いましたが、最終手段として思い切って伺いました。
もしお手空きのときがありましたら、よろしくお願いいたします。
失礼いたします。




2011.06.17 01:49 | URL | #PGYpdiaI [edit]
arms22 says..."Re: 恐れながら質問させてください"
> また、LCDを外して電源を入れるとブザーが鳴るので起動しているっぽいです。

たぶんLCDの結線が間違っているっぽい気がします。
VDDとVSSを反対に接続してるとか、LCDの1番ピンを間違えているとか。

とりあえずLCDだけArduinoに接続して、
ちゃんと動くかどうか確認してみてはどうでしょう?
LCDのピン配置の確認にもなります。
2011.06.17 11:27 | URL | #- [edit]
luna says..."ありがとうございます"
早速のお返事ありがとうございました!
LCDのピン配列は何度も確認したり、おっしゃる通り逆にもしてみたのですが、そうすると四角すら移らないので配列は合ってる思います。

その後ネットで調べてみたところ秋月のSC1602の初期化のタイミングが合ってない雰囲気です。
USBに一式接続してスケッチの書き込みを行うと起動します。
(抜いて刺すと起動しない。)
LCDへ先に電気が通ってないと起動しない気がします。
LiquidCrystalのライブラリをちょこっといじってみたりもしましたが詳しいことまでわからずうまく行きませんでした。

他のメーカーのLCDで試してみることにします。

お手数おかけしました。
これからも楽しみに拝見させていただきます。
2011.06.17 23:51 | URL | #PGYpdiaI [edit]
arms22 says..."Re: ありがとうございます"
> その後ネットで調べてみたところ秋月のSC1602の初期化のタイミングが合ってない雰囲気です。

最新verのArduino IDE 0022に含まれるLiquidCrystalではこの問題は修正されているようです。
最新verのArduino IDE 0022で確認してみてください。
2011.06.18 11:43 | URL | #- [edit]
luna says..."その後"
もちろん最新版のIDEでやっておりましたが、それでもだめでした。
その後も色々試しましたが解決せず…
結局、VddとVssの間にショートさせるスイッチを設け、電源投入後そのスイッチを一回押すと起動するようにしました。
いわばリセットスイッチ?
私の環境が何らか合っていないのでしょうね…

色々ご迷惑おかけしました。
また、質問にも素早くお答え頂き大変感謝しています。

ありがとうございました。
これからも記事楽しみにしています。
2011.06.21 10:20 | URL | #PGYpdiaI [edit]
arms22 says..."Re: その後"
VddとVssの短絡はやめたほうがいいです。
あまりにも強引すぎる気がします。。
一瞬であれば壊れることはないと思いますけど。。

リセット端子があればいいのですが、
普通の?キャラクタ液晶にはそのような端子はなさそうですし。。
LCDの電源だけオンオフするほうがましかもしれません。

LCDのVCCにPNPトランジスタを1石かませて、
Arduinoが立ち上がったらL→100msまち→Hとしてやればリセットかかるかも。

もしかしたらLCDに供給している電源の立ち上りがゆるすぎて
HWリセットがかかっていないとか?
2011.06.21 10:55 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.06.21 20:03 | | # [edit]
arms22 says..."Re: No title"
トランジスタ スイッチで検索するといくつか参考になりそうなページがでてきますよ。

この辺がわかりやすいかも。
http://www.asahi-net.or.jp/~bz9s-wtb/doc/circuit/No1/tic1c2a.pdf
2011.06.22 10:27 | URL | #- [edit]
道産子 says..."No title"
今晩は、いつも参考にさせていただいています。
フラッシュスレーブのモードについてなのですが。
スケッチを見たところどうもストロボ同調のみのようでカメラのシャッターを切ることができません。
このため、サウンドトリガーモードの読み取りセンサーをLDRに変更し
フラッシュ等に反応するようスケッチ書き換えてみました。
できれば、サウンドモードも使いたいのですが。
自力でメニュー追加し公開しするのがいいのでしょうか。
スケッチのバージョンアップの可能性ありますか?
ご存知でしたらお教えねがいませんでしょうか。
2011.07.12 00:42 | URL | #gJtHMeAM [edit]
arms22 says..."Re: No title"
スケッチ、確認しました。たしかにフラッシュスレーブだと
ストロボしか制御していませんね。。てっきりシャッターも
制御しているものと思い込んでました。。すみません。

svnのtrunkに新しいコードらしきものがありました。
もしかしたらこっちは対応しているかもしれません。

http://code.google.com/p/photoduino/source/browse/#svn%2Ftrunk%2Ffirmware%2FPhotoduino
2011.07.12 08:07 | URL | #- [edit]
道産子 says..."Photoduino v0.10"
arms22さま
有難うございました。
早速、Photoduino v0.10スケッチ書き込みました。
これ、操作がシンプルで希望のモードもつかえました。
情報有難うございました。
当方ブログでも紹介します。
2011.07.12 22:13 | URL | #gJtHMeAM [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。