なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

chipKIT vs Maple vs Arduino

Posted by arms22 on 2011年06月01日 0  0

chipKIT-Uno32-obl-500.jpg

chipKIT Uno32 Arduino-Compatible Prototyping Platform
http://www.digilentinc.com/Products/Detail.cfm?NavPath=2,719,896&Prod=CHIPKIT-UNO32

chipKIT Uno32はDigilentが開発したArduinoとピン互換・スケッチ互換のマイコンボードだ。Microchipの32bit PICマイコン、PIC32MX320F128を搭載している。




スイッチサイエンス - Maple
http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=627

Mapleはleaflabsが開発したARMマイコンボードだ。chikKIT Uno32と同じくArduinoとピン互換・スケッチ互換だ。STマイクロのSTM32F103RB(32bitのARMマイコン)を搭載している。

chipKIT Uno32/Maple/Arduino、それぞれの機能を比較してみた。

機能比較


chipKIT Uno32Maple (Rev5)Arduino Uno
マイクロコントローラPIC32MX320F128※1STM32F103RB※2ATmega328
動作電圧3.3V3.3V5V
入力電圧7~12V?5~12V7~12V
デジタルI/O423914
アナログ入力12(10bit)16(12bit)6(10bit)
PWM5(16bit)15(16bit)6(8bit)
シリアルポート231
USBUSBシリアルUSBデバイスUSBシリアル
EthernetArduino EthernetシールドArduino EthernetシールドArduino Ethernetシールド
通信SPI/I2CSPI/I2CSPI/I2C
フラッシュメモリ128KB128KB32KB
SRAM16KB20KB2KB
EEPROM4KB(エミュレート)-1KB
クロック周波数80Mhz72MHz16MHz
開発環境mpide※3Maple IDE※3Arduino IDE
言語C/C++C/C++C/C++
価格26.95ドル5,169円2,995円
※1 Microchip社製32ビットPICマイクロコントローラ。
※2 STマイクロ社製32ビットARM Cortex M3マイクロプロセッサ。
※3 Arduino IDEベースの開発環境。GCCコンパイラが同梱されている。


ピン互換
chipKIT・MapleともArduinoとピン互換で各種シールドがそのまま使える。どちらのボードも電源電圧は3.3Vなので、5V動作のシールドを使う場合は何らかの対応が必要になる。

スケッチ互換
chipKIT・Mapleの開発環境はArduino IDEをベースとして作られていて、標準API(delay,pinMode,digitalRead/Write,analogRead/Writeなど)はすべて実装されている。その為、従来Arduinoで動作していたスケッチはどちらの開発環境でも、そのまま動作する。Arduinoのマイコンのハードウェア機能をフルに使ったスケッチやライブラリは動作しない。またMapleの開発環境に関して言えば、いくつかの標準ライブラリはサポートされていない。



Microchip、PIC32ベースのArduino互換開発キットを発表
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/06/01/013/index.html

Mapleが届いた。
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-290.html

ARMベースのArduino互換ボード、Maple
http://arms22.blog91.fc2.com/blog-entry-253.html

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。