なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

音声合成LSI 「AquesTalk pico LSI - ATP3010F4」

Posted by arms22 on 2011年11月25日 0  0



Make:ブログやTwitterで話題の音声合成LSI「AquesTalk pico」。Make: Tokyo Meeting 07で先行販売されるようだ。お値段は未定だけど1000円ぐらい。音声合成LSIって聞くと黒くて四角くいゲジゲジがいっぱいついたICを想像するけど、こいつは小さい。

AquesTalk pico LSIは株式会社アクエストが開発した規則音声合成ライブラリ「AquesTalk pico」を搭載したLSIだ。LSIといってもATmega328をベースマイコンとして使用し、内蔵フラッシュROMに音声合成ライブラリが書き込まれている。その為、Arduinoボードのチップと入れ替えるだけで使うことができる。

使い方は簡単で、シリアルインターフェースでローマ字の発音記号を送るだけ。例えばこんな感じ。

ko'nchiwa seka'i		# "こんにちはせかい"
hero'- wa'-rudo #"へローワールド"
arudhu'i-no #"アルデュイーノ"

アクエストはもともとPCやハイエンドマイコン向けの軽量な音声合成ライブラリ「AquesTalk」を開発していて、それをさらに小型化・軽量化するためにゼロから開発されたのが「AquesTalk pico」。AquesTalk pico LSIはLEDやLCDモジュールのように簡単にシステムに組み込めるように開発された。

詳しい開発の経緯など社長ブログで読めます。必読ですよ。


Make: Japan: Arduinoを音声合成ボードに変えるAquesTalk pico LSI
http://jp.makezine.com/blog/2011/11/aques_talk_pico_lsi.html

音声合成LSI ATP3010F4 - AquesTalk pico
http://www.a-quest.com/products/atp3010f4.html

ATP3010F4 Datasheet
http://www.a-quest.com/download/manual/atp3010f4_datasheet.pdf


Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。