なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

自作3Dプリンターatom(β版)の製作 - RAMPSの組み立て

Posted by arms22 on 2013年03月14日 0  0

IMGP7774

atom(β版)に使う制御基板「RAMPS」のDIYキットが届いたので組み立てたよ。

RAMPSはRepRapに必要な回路をすべて詰め込んだコンパクトで安価な制御基板です。デュアルヘッドに対応していて2色印刷が可能です。RepRap界隈では人気の基板です。

RAMPSはArduino MEGAのシールドとして設計されています。モータドライバーは5つまで搭載でき、容易に交換できる構造になっています。

RepRap Arduino Mega Pololu Shield - RepRapWiki
http://reprap.org/wiki/Arduino_Mega_Pololu_Shield

RAMPS 1.4 - RepRapWiki
http://reprap.org/wiki/RAMPS_1.4


RAMPSの入手先



RAMPSはRepRapと同様にオープンソースハードウェアですがUltiMachine.comからキットを購入できます。キットにはいくつかバリエーションがあります。
  • RAMPS DIY Kit $45.00
    組み立てキット。Arduino MEGA 2560・モータードライバは付属しません。
  • RAMPS DIY Kit Complete $150.00
    組み立てキットの完全版。Arduino MEGA 2560・モータードライバなど必要な部品がすべて揃っています。
  • RAMPS Pre-Assembled Kit $80.00
    組み立て済みキット。Arduino MEGA 2560・モータードライバは付属しません。すべての部品が実装されていてテスト済みです。すぐに使えます。
  • RAMPS Pre-Assembled Kit Complete $185.00
    組み立て済みキットの完全版。Arduino MEGA 2560・モータードライバなど必要な部品がすべて揃っていて、部品はすべて実装済みです。


IMGP7746

RAMPS 1.4 DIY Kit。Makeクラスタの友人から購入しました。Arduino MEGA・モータドライバーは付属していませんが、どちらもスイッチサイエンスから購入できます。

Arduino Mega 2560 R3 - スイッチサイエンス
http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=837

ステッピングモータードライバA4988 - スイッチサイエンス
http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=582


組み立てる


IMGP7758

まずは面実装部品からはんだづけしていきます。LEDの極性を間違えないよう注意しながらはんだづけします。と言いつつLEDの極性を間違えたあげく、LEDを剥がすときにパターンも一緒に剥がしてしまいました。。写真右上の青色のワイヤは剥がしたパターンを迂回させるためのもの。

IMGP7761

次にリード部品とピンヘッダ・ソケット・コネクタをはんだづけします。後の組み立てが楽になるように、キットについて来たネジ止め式のコネクタは使うのをやめて、JSTのコネクタを使いました(左端の白いコネクタ)。
間違えて4mmピッチのコネクタを買ってしまい、5mmピッチのランドにコネクタの足を広げて実装しています。。

IMGP7762

最後にピンヘッダをはんだづけし、Arduino MEGAにRAMPSを接続して、モータドライバーを載せれば完成です。


RAMPS - 自作3Dプリンターまとめサイト
http://w.livedoor.jp/diy_3dprinter/d/RAMPS

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。