なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

大雑把なBluetoothの概要

Posted by arms22 on 2007年02月26日 0  0

次の仕事でBluetooth関連の作業が入るので調査中。。

伝送距離:10m~100m
クラスで伝送距離の区分けが行われている。
クラス 電波強度 到達距離
Class1 100mW 100m
Class2 2.5mW 10m
Class3 1mW 1m
※2007/3/1 参考にした本と仕様書の記述が違っていたので仕様書の方に修正した。

伝送距離が遠いほど消費電力も大きい。

周波数:2.4GHz(2400~2483.5MHz)
ISM帯という免許がいらない帯域を使う。

伝送速度:1Mbps(v1.0/v1.1)、3Mbps(v2.0+ERD)

変調方式:周波数ホッピングスペクトラム拡散方式
スペクトラム拡散
通信の信号を本来の帯域より広い帯域に拡散させること。
周波数ホッピング
短い時間で搬送周波数をランダムに切り替える。
1秒間に1600回(625us)

ネットワーク:
ピコネット
1つのマスタと複数(1以上7以下)のスレーブで構成される。あるピコネットのマスタは他のピコネットのスレーブにもなれる。
スレーブは時分割多重方式で他のピコネットにも参加できる。
スカッタネット
複数のピコネットで構成されるネットワーク。
すべてのデバイスはマスタにもスレーブにもなれる。

物理層:IEEE802.15.1
IEEEがBluetoothの物理層の規格を採択したみたい。

略歴:
1999年 7月 仕様書バージョン1.0
2003年11月 仕様書バージョン1.2
2004年11月 仕様書バージョン2.0 + EDR
2007年 2月 現在

参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/Bluetooth

参考書籍
最新技術解説 入門Bluetooth

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。