なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

Rostock miniの製作(7)-テストプリント-

Posted by arms22 on 2014年01月13日 0  0

IMGP9461
(Venus de Milo 80mm/s, 0.2mmレイヤー)

テストを兼ねてちょっと大きめのモノをプリント。床に転がしといたエクストルーダーを動かした時にファームウェアのリセットがかかって、途中で止まってしまいましたが。。

プリント結果は見ての通り。atomと比べると少し、いやかなりイマイチな仕上がり。。外周の線がガタガタに波打っているのが見えます。原因は直動機構の分解能不足・メカの組み立て誤差・調整不足が考えられるけど、システム(制御ボード+ファームウェア)としての性能限界が大きいみたい↓

Rostock Problems with X/Y Movement Stuttering
http://forums.reprap.org/read.php?178,235397

デルタは1つのGコマンドを複数の細かな移動に変換するため、ファームウェアの処理能力が間に合わなくなると、ヘッドの動きが途切れ途切れになる。プリント速度を遅くすれば処理が間に合うようになるのだが。。根本的にこの問題を解決するのには制御ボードをより高速なボードに置き換えるしかないだろう。

ARMマイコンを積んだオープンソースの制御ボード。

Smoothie Project
http://smoothieware.org

秋月で販売されているLPC17xxの評価基板を使って組み立てることもできるみたい。

Smoothie On A Breadboard
http://smoothieware.org/smoothie-on-a-breadboard

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。