なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

作業テーブルの製作(本番)

Posted by arms22 on 2015年01月12日 0  0

作業テーブル(本番)の製作をはじめました。テーブルの材料は届いていたのですが、昨年末はマンションの外壁工事の影響でベランダで作業できませんでした。

作業テーブル大

とりあえずモデリング。天板の大きさは1830x50mm、高さは750mmとしました。前回製作した時、高さは830mmとしましたが少々高すぎると感じたので少し低くしました。

木材はジョイフル本田で購入しました。

  • 桧 特等 エアドライ材 40×85×3000mm 2本
    幕板に使います。長い木材は歪みが酷いようです。。短い木材を必要数買った方が良かったかもしれない。
  • 杉 特等 KD材 プレーナー加工 60mm×60mm×1820mm 2本
    731mmにカットして足につかいます。
  • パイン集成材(無節)19mm×500mm×1830mm 1枚
幕板とテーブルの足を必要な長さに切ってホゾ穴の加工に入ります。

木枠にクランプしてほぞ加工

今回は四方胴付きというほぞに挑戦。木材を横に挽く時はソーガイドが使えるのだけれども縦に挽く時はこうやって木材をテーブルなり木枠なりに固定し、固定した台をガイドにしないとうまく切れない。

四方同つきほぞ

縦に挽きすぎてるけどそこそこうまく切れた。

旋盤でネジ穴

天板と幕板を固定するためのネジの下穴をボール盤であけました。天板が大きいので穴の数も多めです。持ってて良かったボール盤。

次回ほぞ穴の加工をやります。

関連記事


作業テーブルの製作(練習)
作業テーブルの製作(練習)2

Category : DIY

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。