なんでも作っちゃう、かも。

Arduino/Make/フィジカルコンピューティング/電子工作あたりで活動しています。スタバの空きカップを使ったスタバカップアンプなど製作。最近はもっぱらArduinoと3Dプリンタの自作に興味があります。

EIA-232準拠のシリアルポートの電圧

Posted by arms22 on 2007年05月30日 0  0

送信ピン(TxD)、受信ピン(RxD)は負論理で+12vが0(マーク)、-12vが1(スペース)を表す。其の外のピン(DCD,DTR,DSR,RTS,CTS)は正論理で+12vがオン、-12vがオフを表す。
V850付録基板に搭載されているCP2102-USBtoUARTブリッジICの端子(DCD,DTR,DSR,RTS,CTS)はLow activeとなっている。

#例えばPC側のRTS端子をオン(+12v)に設定した場合、CP2102側のRTS端子はLowになる。
#またCP2102側のCTS端子をLowにした場合、PC側のCTS端子はオン(+12v)になる。と思う。。
 
電子回路の豆知識-RS232C
http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame5/rs232c.html

EIA-232(RS-232)のシリアル通信
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Text-Terminal-HOWTO.html#toc21.2

Ads by Google

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。